1月18日、都内で「『ミスFLASH2021グランプリ』発表会見」が行われ、グランプリに選ばれた霧島聖子、名取くるみ、益田アンナの3人と審査員特別賞を受賞した高槻実穂が出席。さらに、前年度ミスFLASHに選ばれた藤田いろは、崎川みずき、白宮奈々、日野アリスがプレゼンターとして出演した。

「ミスFLASH」は光文社が主催・運営し、15年目を迎えるコンテスト。過去に鈴木ふみ奈(2011年)、葉加瀬マイ(2012年)、永井里菜(2013年)、川崎あや(2016年)ら、多くの有名グラビアアイドルを輩出してきた。

イベントでは受賞した4人に花束とティアラの贈呈が行われたほか、恒例となる白水着姿のお披露目や、新旧メンバーによるグラビアのポージング対決が実施された。

また、受賞した4人が1月19日(火)発売の「FLASH」の表紙、裏表紙のグラビアを飾ることが発表され、3月1日(月)までの期間内に「FLASHくじ」の全体の売上が1万5000口を達成した場合、「ミスFLASH2021写真集」が発売されることも明かされた。

ファッション誌「JELLY」(文友舎)の専属モデル経験もある益田アンナは、グランプリを受賞したことについて「グラビア経験は浅く、オーディション経験もなかったので、毎日探り探りでくじけそうな時もありました。でも、応援し続けてくれたファンの方がいたから最後まで頑張ることができました」とファンに感謝を伝えると、「グランプリが取れたと聞いた時は叫んじゃうくらいうれしかったです」と喜びを語った。

今後については「いろいろなことにチャレンジして、これから1年間見てくれた人の心をつかめるようなグラビアを目指します」と意気込み、続けて「過去にレースクイーンを1年間やらせていただいていて、レースクイーンの先輩でもある中村アンさんみたいにモデルや女優業、バラエティーなどでマルチに活躍していけるようなタレントになりたい」と期待に胸を膨らませた。

最後に「オーディションで得たたくさんの経験を今後に生かして、これからも私らしく全力で頑張っていきたいと思います」と語り、締めくくった。