1月18日、都内で「『ミスFLASH2021グランプリ』発表会見」が行われ、グランプリに選ばれた霧島聖子、名取くるみ、益田アンナの3人と審査員特別賞を受賞した高槻実穂が出席。さらに、前年度ミスFLASHに選ばれた藤田いろは、崎川みずき、白宮奈々、日野アリスがプレゼンターとして出演した。

「ミスFLASH」は光文社が主催・運営し、15年目を迎えるコンテスト。過去に鈴木ふみ奈(2011年)、葉加瀬マイ(2012年)、永井里菜(2013年)、川崎あや(2016年)ら、多くの有名グラビアアイドルを輩出してきた。

イベントでは受賞した4人に花束とティアラの贈呈が行われたほか、恒例となる白水着姿のお披露目や、新旧メンバーによるグラビアのポージング対決が実施された。

グラビアモデルの名取は、グランプリの受賞について「長いオーディション期間でしたが、今思うと本当にあっという間でした。応援して下さった皆さんと過ごすことができて楽しかったです。同じ目標に向かって一緒に進んでいけたこと、悲しい時もうれしい時も一緒に戦えたことが私の中で一番の思い出になっています。こんなに濃密な時間を過ごすことはもうないのではと思うくらい、この期間は私の宝物。一生忘れません」と思いを語った。

今後の意気込みを聞かれると「先輩方に負けないように頑張って、皆さんに元気とパワーを与える存在になりたいです」と話し「15年あるミスFLASHの歴史の中でも、一番すごいと言われるような活動を一生懸命していきたいと思います」と力強くコメントした。

また、自身の夢についても触れ「少しずつテレビにも出ていきたい」と語ると「こじるり(小島瑠璃子)さんみたいにグラビアから始まったけど、タレントとしても活動できるように頑張っていきたい」と笑顔を見せた。