1月18日、都内で「『ミスFLASH2021グランプリ』発表会見」が行われ、グランプリに選ばれた霧島聖子、名取くるみ、益田アンナの3人と審査員特別賞を受賞した高槻実穂が出席。さらに、前年度ミスFLASHに選ばれた藤田いろは、崎川みずき、白宮奈々、日野アリスがプレゼンターとして出演した。

「ミスFLASH」は光文社が主催・運営し、15年目を迎えるコンテスト。過去に鈴木ふみ奈(2011年)、葉加瀬マイ(2012年)、永井里菜(2013年)、川崎あや(2016年)ら、多くの有名グラビアアイドルを輩出してきた。

イベントでは受賞した4人に花束とティアラの贈呈が行われたほか、恒例となる白水着姿のお披露目や、新旧メンバーによるグラビアのポージング対決が実施された。

審査員特別賞を受賞した高槻は「私は皆さんよりも1週間遅れての配信となり、事務所の方にもやめた方が良いという厳しい意見を言われたこともありました」と打ち明け、「グラビア界の指原莉乃さんになりたいと公言し、配信を通して神7入りを果たしたことでダークホースと呼ばれ、いま『ミスFLASH 2021』の審査員特別賞をつかむことができました」と、逆境に打ち勝ったことへの自信をのぞかせた。

そんな高槻はオーディションの期間中「白水着で沖縄での撮影をすることを何度も頭の中でイメージしていました」と胸の内を明かし、「他にも挑戦したいと思っている方や、何かにチャレンジしようと思っている方の背中を押せるような存在になりたい」と自身の経験を通して今後の意気込みを語った。

また、「ソロで表紙を飾りたい」とも発言。グラビアの夢を語ると「芸人さんと共演することが多いので、たくさんいじられたいです」とコメントした。

最後に「『ミスFLASH 2020』のグランプリの皆さんに負けないように、私たち4人で盛り上げて革命を起こしていきたい」と締めくくった。