杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。1月20日放送の第33回では、千代(杉咲)が恋に落ちる場面が描かれた。千代を取り巻く2人の青年、助監督の小暮役・若葉竜也と一平役・成田凌の共演に、あの映画作品を連想する声も上がった。(以下、ネタバレがあります)

■「千代ちゃんがいてくれてよかった」

鶴亀撮影所付き大部屋女優となった千代(杉咲)の奮闘が描かれている第7週「好きになれてよかった」(1月18日〜23日)。千代は、右も左もわからない活動写真の撮影現場で日々、悪戦苦闘を続けていた。

撮影現場で監督に「恋心も知らんで役者が務まるか!」とどやされた千代は、恋心を知るため親切な小暮に“恋人役”を務めてもらい、恋人同士のまねごとをしてみることに。第32回では、2人が初めて食事に出かける場面が描かれた。

撮影所では気軽に言葉を交わせる間柄なのに、2人きりだと会話もどこかぎこちない。だが、千代が「小暮さんの趣味は何だす?」と聞いたのをきっかけに、徐々にいい雰囲気になっていく。

「活動写真は趣味じゃない。夢。いつか、一本でいいから自分が本当に作りたい作品を撮ろうと思って」と夢を真っすぐ語った小暮。さらに「休憩所で千代ちゃんと話してると、なんだかいつもほっとして元気になるんだ。だから、今日も話がしたかったんだ」「千代ちゃんがいてくれてよかった」と穏やかにほほ笑んだ。

■若葉竜也“小暮”に注目集まる

自分に対する小暮の素直な思いにふれ、今まで感じたことのない感情にとらわれた千代。頬を紅潮させ、ぽーっとした表情のまま「カフェー・キネマ」に帰ると、仲間たちに「なんや、うち…あの人のこと好きみたいや」と告白した。

小暮の好青年ぶりと真心のこもった「千代ちゃんがいてくれてよかった」は、視聴者の心もとらえた。「小暮さん素敵…!」「優しくて気遣いできていい男!」「小暮さんにときめいた」といった声が飛び交い、「小暮さん」がTwitterのトレンドランキングとYahoo!検索ランキングのトップ20圏内にそれぞれ浮上した。

小暮を演じる若葉竜也は1989年生まれ、東京出身の俳優。幼少期から大衆演劇で活動し、“チビ玉三兄弟”の三男として注目を集めた。8歳の時にNHK大河ドラマ「徳川慶喜」で慶喜の幼少期・七郎麿を演じ、10代の頃からドラマ「野ブタ。をプロデュース」「ごくせん〜第3シーズン」(日本テレビ系)など数々のドラマや映画に出演。映画「葛城事件」(2016年)で、第8回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞している。

「おちょやん」第32回では千代と一平が久しぶりの再会で憎まれ口を叩き合っているところに小暮が現れるシーンもあったが、一平役の成田凌とは2019年の映画「愛がなんだ」で共演。成田は主人公・テルコ(岸井ゆきの)の思いを知りながら振り回す男・マモちゃん役、若葉はテルコの友人・葉子(深川麻衣)に報われない恋をしてテルコとシンパシーを分かち合う青年・ナカハラ役を演じた。

「愛がなんだ」でともに重要な役柄を担った2人の再共演に、視聴者からは「マモちゃんとナカハラくん!」「大好きな映画の大好きな2人!キャスティングありがとうございます」「『愛がなんだ』を思い出しちゃうなぁ」といった連想の声も上がっている。

ナカハラ役では、届かない恋になかば諦めを感じながらも「幸せになりたいっすね」と切なく笑う痛々しさが見る者を惹きつけた若葉だが、「おちょやん」の小暮は穏やかでまじめで紳士的。濃いキャラだらけの撮影所のオアシスのような存在だ。そんな小暮に、千代の思いは膨らんでいく…。

1月21日(木)放送の第34回では、図らずも初めての恋を経験し動揺を隠せない千代が描かれる。デートの翌朝、小暮と会うも普段通りに接することができない千代。だが、思いがけず小暮の口から一平の近況を知ることに。

そんななか、『太陽の女・カルメン』の撮影は混乱を極め、撮影現場から高城百合子(井川遥)が抜け出してしまう。そして再び、千代と鉢合わせる。(文=ザテレビジョンドラマ部)