2021年、テレビ東京で放送予定の鈴木伸之主演「お茶にごす。」の共演者が解禁された。

同ドラマは、「今日から俺は!!」「天使な小生意気」などで知られる西森博之の同名漫画が原作。 地上波連続ドラマ単続初主演の鈴木が、強面で威圧的な雰囲気からやたらとけんかを売られ、中学最強の不良と恐れられた“悪魔(デビル)まークン”こと船橋雅矢を演じる。「暴力の連鎖を抜け出し、平穏な日々を過ごしたい」と、高校入学を機に茶道部に入部する船橋の学園生活を描く。鈴木の他、開架高校の生徒役に瀬戸利樹、萩原みのり、久間田琳加が決定している。

今回発表された新キャストは6名。夏帆(萩原)の親友で開架高校1年生、茶道部員・飯倉智花役を地上波連ドラレギュラー初出演の元乃木坂46・永島聖羅、開架高校2年生・茶道部副部長・慎大寺珠美役には仁科かりん、開架高校2年生茶道部・奥沼民子役には平川結月が扮する。仁科と平川は、地上波ドラマ初出演となる。

そして、曲がったことが嫌いで、船橋をライバル視する軽挙高校1年生・樫沢光輝役には山本直寛、船橋に何かとけんかを売る開架高校1年生・北沼役には濱正悟が。開架高校の教師で茶道部顧問・縦島洋役を、野間口徹が務める。