1月21日(木)放送の「アメトーーク!」(夜11:30-0:30ほか、テレビ朝日系)では、「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」を放送する。

各事務所総出で行ったオーディションを勝ち抜いた精鋭10名が集結した「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」。アイアム野田(鬼ヶ島)や、小田祐一郎(だーりんず)ら、「キングオブコント」で2回も決勝に進出を果たしながらも「バイトは皆勤賞」というメンバーや、「99.9%がバイトの収入」という桑折正之(レアレア)ら“バイトエリート”たちは、“芸人”として爪痕を残そうと奮闘する。

MC側ゲストの濱口優(よゐこ)は、一緒にバンドを組んでいる菊地優志(ワンワンニャンニャン)の出演に「なんとか頑張ってほしい」と感無量の様子。

また、「アメトーーク決定を伝えたら…」では、オーディションに合格したことを伝えるため、芸人たちのバイト先や自宅を直撃した時の様子を公開する。

「40歳過ぎて…バイト芸人あるある!!」では、「友だちの結婚式や同窓会は、予定がなくても仕事だと言って断ってしまう」というTAIGAの背に腹は代えられない切ないエピソードに共感の声が続出。

さらに、芸人たちが「あの時、売れていたかも…」という千載一遇のチャンスについても激白する。ケンドーコバヤシMCの番組に出演した際、中村英将(ゆったり感)が、振ってわいたチャンスを前に撃沈、トラウマを抱えることになってしまったと蛍原徹らに明かしていく。 
 
ほか、「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」が第一線で活躍している先輩たちとの熱い絆や、心に染みたエピソードも紹介していく。