1月22日(金)に放送される「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(毎週金曜夜0:55-1:25、フジテレビ)は、ジャニーズJr.の7人組グループ・Travis Japanを特集する。Travis Japanは2012年、マイケル・ジャクソン、レディー・ガガなどの振り付けを手掛けたトラヴィス・ペイン氏が、ジャニー喜多川氏と共にメンバーを選抜して結成されたグループである。

■初回のテーマはEpisode1「DANCE」

彼らはジャズ、コンテンポラリー、ロックなど、あらゆるジャンルのダンスを完璧に踊る実力派で、なかでもシンクロダンスを得意としている。人間離れしているほど美しくそろっていると評されるダンス動画シリーズが人気で、合計再生回数は5000万回を超える。

初回は、彼らの代名詞ともいえるダンスを軸に、その胸の内をひもといていく。リーダーの宮近海斗は「自分たちのダンスパフォーマンスは武器ではあります。ジャニーさんがそう言ってくれたから、そうしていきたい」と、恩師への思いを交えつつ覚悟を語った。


そんなジャニーズ屈指のダンスグループとされるTravis Japanだが、メンバーそれぞれに葛藤を抱えていた。

稽古場で新しい振りを自主練習する中村海人は「全然まだまだ。人に見せられるレベルじゃない」と話す。

そして、ライブでは振り付けも担当する吉澤閑也は、どうやったらもっとダンスを好きになれるのだろうと悩みながらも「メンバーみんな努力家だから。頑張っている人たちが居ないと、頑張れない。やっぱりダンスうまくならなきゃ」と語った。

ダンスを極めることを宿命として誕生したTravis Japan。結成から9年、同じ志を持つ仲間と共にダンスの高みへまい進し続ける、そのリアルな葛藤と闘志に迫る。