俳優・宮世琉弥(みやせりゅうび)が、自身初となるスタイルブック「RB17 りゅうびセブンティーン」を3月14日(日)に発売することが決定。宮世の取扱説明書“トリセツ”のような一冊となる本作では、グラビアカットのほか、理想のデート企画、私服コーデや毎日のルーティーン、ロングインタビューによるヒストリー紹介などを収録。今回、表紙と収録カット4点が解禁となった。

■“オトナな色っぽ”ショットや、超至近距離ショットも収録
ドラマ「恋する母たち」(2020年、TBS系)にて仲里依紗の息子役を演じ、話題を呼んだ宮世。現在放送中のドラマ「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」(フジテレビ系)では、ミステリアスな生徒役を好演している。現在17歳、現役高校生の宮世だが、本作のグラビアでは“大人の色っぽさ”にハッとさせられるような一枚や、物欲しげに甘えたような表情、シュークリームやドーナツなどをほおばるあどけない素顔などが収められている。

なお、春・夏・冬をテーマにしたグラビアページの収録カットを解禁。春は“新生活”をテーマに学校シチュエーションで。夏のページからは、アロハシャツ姿で縁側で寝転び少し眠たそうな表情をこちらに向ける無防備な姿を。冬のページからは、赤いマフラーをまとい至近距離からこちらを見つめるカットとなっている。また、ポメラニアンの“たろう”くんとの仲良しショットも公開している。

なお、理想のデート企画や、韓流アイドルを彷彿とさせるヘアカラーチェンジ企画、私服コーデやモーニング&ナイトルーティンなどのプライベートにまつわる企画など、あらゆる切り口から宮世の魅力を徹底解説したページが収録されている。

■宮世琉弥コメント「学校やお仕事に一緒に連れて行ってみんなで見てくれると嬉しい」
僕の初めてのスタイルブック!『RB17』が発売することになりました!こんなに素敵な自分の本をだせるなんて夢みたいです。本当に皆さんのおかげです!この本は僕の色々な事が分かってしまいます!

完全に今の17歳の僕、宮世琉弥のトリセツです。僕の事を知らない方でも読んでもらえたら分かってしまうほどです!ぜひ、色んな宮世の顔を見てください。学校やお仕事に一緒に連れて行ってみんなで見てくれると嬉しいです!