香取慎吾主演ドラマ「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」(毎週月曜夜10:00-10:54、テレビ東京系)の第1話が、1月25日(月)に放送される。

同作は、社会問題となっているインターネットの誹謗中傷問題に焦点を当て、“顔の見えない犯罪者=アノニマス”を捜査し見つけ出す新感覚クライムサスペンス。“キーボードによる殺人=指殺人”に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”を舞台に、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された主人公・万丞渉(香取)が、癖の強いメンバーと共に、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導く。

万丞(香取)の相棒であるヒロイン・碓氷咲良役を関水渚、“特定”が得意な鬼女・菅沼凛々子役をMEGUMI、指対室のデジタル担当・四宮純一役に清水尋也、万丞の上司となる指対室の室長・越谷真二郎役を勝村政信が演じる。また、捜査一課の刑事・羽鳥賢三役を山本耕史、万丞の元相棒・倉木セナ役をシム・ウンギョンが務める。

公式HPで見ることができる予告動画では、娘を匿名の人間に殺されたと涙ながらに訴える父親・真田光洋(松平健)の姿や、万丞が「お前はこの指一本で、一人の人間を殺した」と力強く諭すシーンが公開されている。

予告動画を見た視聴者の間では、「放送が待ち遠しい!」「すでにわくわくが止まりません」「今からドキドキして眠れません!」と話題になっている。

■第1話あらすじ

警視庁は、SNS等の誹謗中傷の撲滅を目指し市民からの相談にのる専門部署「指殺人対策室」=指対(ゆびたい)を新設。メンバーは万丞渉(香取)を始め一癖も二癖もある変わり者ばかり。

そんな折、誹謗中傷を苦に自殺したモデルの真田梢(八木莉可子)の父親・光洋(松平)と母親・麻衣子(床嶋佳子)が訪れ、匿名の人間たちの心ない言葉に娘は殺されたと涙ながらに訴える。

それを聞いた新人刑事の碓氷咲良(関水)は「絶対に犯人を逮捕してみせます!」と約束してしまう。