メ〜テレ(名古屋テレビ)は、名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ「名古屋行き最終列車2021」を、2月13日(土)から5夜連続ドラマとして放送することを発表。六角精児、柚希礼音、花澤香菜、寺島進らが出演し、“1年に1度”の続きの物語を展開する。

2012年から始まり、"名古屋の冬の風物詩”としてすっかり定着した「名古屋行き最終列車」。第9弾となる今作にも、2020年に引き続きSKE48のメンバーが登場する。出演するのは須田亜香里、大場美奈、古畑奈和、野島樺乃、末永桜花、青海ひな乃で、「もし私がSKE48に入っていなかったら」という世界の中でストーリーを繰り広げる。

脚本は、メンバーが「もしSKE48に入ってなかったらいまどうしているか」をスタッフと話し合い、それを基に制作。彼女たちのアイドルでなかったら“あったかもしれない人生”が語られる。

須田、大場、野島は2020年の放送から1年後の役柄で、新たに参加する古畑が今回の主役格としてストーリーの縦軸を担う。また、末永は昨夏放送した「名古屋行き最終列車〜三河線編〜」で演じた東大寺杏璃の半年後を演じ、青海は20歳になった自身の悩みを語る。

「名古屋行き最終列車」SKE48編は、2月17日(水)夜0時15分から放送。

■須田亜香里コメント

続編があるって聞いて、もう一人の須田亜香里さんの続きの人生があったんだと思うと、すごくうれしくなりました。私の知らない須田亜香里さんはこの1年、日々奮闘して成長しています。

ある男性と急接近するシーンを撮ってる時「これってドラマみた〜い」ってドキドキして楽しかったです。ファンの皆さんは私が恋したらこんな感じになるのかって妄想しながら、観て楽しんでいただければうれしいです。