高畑充希が主演を務める「にじいろカルテ」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)。その劇中でたびたび登場する童謡の「にじ」を高畑、北村匠海、井浦新が歌っている模様をテレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」で配信することが決定した。

岡田惠和が脚本を担当する同ドラマは、ある“秘密”を抱えて、山奥深くにぽつんとたたずむ診療所にやってきた一人のぽんこつドクター・紅野真空(高畑)が、個性豊かな虹ノ村の人たちと触れ合い、時に泣き、けんかをしながら、熱く命と向き合って成長してゆく姿を描く。

「にじいろカルテ」第1話で、虹ノ村にやってきた真空が村人たちの大歓迎を受けるシーンで、子どもたちが一生懸命、合唱していたことでも印象深い童謡「にじ」。今作でもたびたび登場し、このドラマの最終話に向けての“伏線”にもなっている童謡を、高畑、北村、井浦が3人で歌い上げる。 

高畑は6年間に渡って主演を務めた「ピーターパン」(2007〜2012年)、「スウィーニー・トッド」(2013年)など数々のミュージカルでの活躍をはじめ、実写映画化された「シンデレラ」(2015年)や、映画「ヲタクに恋は難しい」(2020年)でも美声を披露。さらにNHK連続ドラマ小説「ごちそうさん」(2013〜2014年)での歌声や、X JAPANの「紅」をアカペラで熱唱したCMが話題になるなど、その圧倒的な歌唱力は誰もが知るところ。

また、北村はダンスロックバンド「DISH//」のメインボーカル兼ギターとしても活躍し、配信シングル「猫 〜THE FIRST TAKE ver.〜」では圧倒的表現力でSNSを中心に大きな話題となり、音楽界を魅了している。また、歌っている姿をあまり見ることのない井浦も、大人の落ち着いた色気のある声で「にじ」を歌う。

演技だけに留まらない実力者3人による童謡「にじ」は、想像をはるかに超える見事な歌声。 高畑の優しくて透き通った声に、北村と井浦のやさしく包む声が重なり、日々の疲れを癒やしていく。

撮影中も、こっそり3人で練習していた“ハモリ”も見事に決め、歌の最後には、ちょっぴり恥ずかしげな、3人のおちゃめな姿も見ることができる。