杉咲花がヒロインを務める連続テレビ小説「おちょやん」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は一週間の振り返り)。千代(杉咲)は女優としての行き詰まりを感じ始め、テルヲ(トータス松本)の借金問題も持ち上がるなどシリアスな雰囲気が漂う中、ドラマに華を添えるのが「カフェー・キネマ」の女給たちだ。(以下、ネタバレがあります)

■「カフェー・キネマ」大賑わい

第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」(1月25日〜30日)では、テルヲの襲来と、女優として活動を軌道に乗せつつある千代の人生の転機が描かれている。

撮影所の片金所長(六角精児)をテルヲが「竹井千代は日本一の女優になんのじゃい!」と怒鳴りつけ、初めて愛情の片りんをのぞかせた第37回。続く第38回では、千代のホームである「カフェー・キネマ」での楽しいひと時も描かれた。

オーディションに合格できず落ち込む千代だったが、店はちょうど“ビール月間”。店主の宮元(西村和彦)いわく「この子らにな、ビールどんだけ売れるか競わして、一等にはなんと金一封」というイベント月間で、撮影所のスタッフたちも訪れ店内は大賑わい。千代も、落ち込んでいた気分を忘れて「さぁ、どうぞどうぞ!」と笑顔を振りまいた。

■モダンな和装にエプロン姿がキュート!

そんな楽し気な場面に彩りを加えたのが、真理(吉川愛)、洋子(阿部純子)、純子(朝見心)、京子(めがね)といった女給たち。赤やピンク、色とりどりのモダンな和装にフリルをあしらった白いエプロンという可愛らしいファッションで接客し、フロアは笑顔に包まれた。

「ビール月間」は、さすがの美貌・洋子が5連覇中。大部屋女優、そして結婚していた過去もあり大人の色気と美貌を兼ね備えた洋子は「カフェー・キネマ」でも別格の存在らしい。

洋子に次いで「ビール月間」で好成績を上げているのが愛嬌のある純子と京子。そのあとを、富山なまりがチャーミングな真理が続く。千代は今のところ「4等が最高」というボチボチの成績だ。

純子と京子、真理の3人娘は、千代の初恋相手・小暮(若葉竜也)のテーブルでしなを作り「よろしゅうに〜」と挨拶。「こらしゃあない。好きになるわね」「千代ちゃんにはもったいないわぁ〜」とクスクス笑い合う姿も好感が持てる。

場に華やぎを与えるだけでなく、千代が悩んでいれば気遣って励ましたり、千代の初デートの前には自慢の勝負服を持ち寄って千代を可愛く変身させたりと、千代の安らぎの場ともなっているよう。そんな三人娘に視聴者からも「カフェーの方たちみんな温かいし、かわいらしい」「カフェーのみんなが癒し」「カフェーキネマガールズ好きだなぁ」といった声が上がる。

貧乏な生い立ちから始まり、「お芝居が好き」という思いを貫きながらも自分勝手な父親に振り回される千代。辛い展開も待ち受けるだけに、カフェー三人娘が振りまく笑顔と華やかさは「おちょやん」の一服の清涼剤と言えそうだ。

第38回、テルヲは借金取りに見つかってしまい、通帳を持ち出そうと千代の部屋を荒らしてクズ親父に逆戻りしてしまった。第39回は1月28日(木)に放送する。

撮影所でテルヲの悪いうわさを耳にした千代。カフェーに戻ると、部屋から千代の通帳と印鑑を持ち出そうとするテルヲと鉢合わせる。千代が詰問すると、テルヲは開き直る。今までの話は全てうそで、テルヲの借金まみれの生活が暴露され、修羅場と化す。