たこやきレインボーが2020年に開催した配信ライブ「CLUB RAINBOW'20」と「真夏のホームパーティー・ザ・ワールド」の2本を収めたBlu-ray BOX「LIVE in the HOUSE'20」が3月24日(水)にリリース。3月13日(土)、14(日)には地元・大阪で久々の有観客ワンマンライブも控えた彼女たちが趣向の違った配信ライブ2本を振り返った。

■「楽曲の印象がガラッと変わる面白いライブでした」

――たこやきレインボーのライブ映像がリリースされることが「なにわンダーランド2019〜Joy to the World〜」以来になりますね。

堀くるみ:アイドルファンの方って好きなグループをオススメするときにDVDを貸すってよく聞きますけど、確かにCDで聞くよりライブ映像で見たほうが伝わりやすいと思うので、今回のリリースはうれしいですね。ライブが2本入ってるし、めっちゃお得ですよ(笑)。しかも、たこやきレインボーの両極のライブ2本なので、これで私たちの全てが分かると思います。

――7月の「CLUB RAINBOW'20」は音楽性が、8月の「真夏のホームパーティー・ザ・ワールド」は演劇性が高いライブという印象でした。では、まず「CLUB RAINBOW'20」ですが、2018年に初めて開催されたライブの第2弾になりますね。

彩木咲良:CMJKさんの力で私たちの楽曲の印象がガラッと変わるところが面白いライブですね。クラブに行ったこともない私たちがそれをうまく表現できるのかなっていう難しさはありましたけど、2020年は2年前よりも成長したところを見せられたかなって思います。

根岸可蓮:曲と曲のつなぎとかリミックスしていただいて、こんな風になるんや!なんて歌ってる私たちもワクワクしましたね。

堀:いつものアイドルライブの盛り上がり方とはまた違った、自然と体が音楽に乗っちゃうようなライブだったので、ファンの方がどう思うのかなっていう不安もありましたけど、皆さん楽しんでいただけて良かったです。

清井咲希:たこやきレインボーのライブを初めて見る方はコールとかするのが難しいかも知れないですけど、クラブっていうテーマだったので、皆さんそれぞれ自由な音楽の楽しみ方ができたんじゃないかなって思います。

春名真依:クラブって自然に体が乗っちゃうイメージがあったので、ライブ当日まで私たちもセットリストを頭から順に繰り返し繰り返し聞いて、体に染みこませてました。

清井:全曲がっつり踊るというよりはちょっと力を抜いてしなやかに見せる部分もあったり、大人の余裕みたいな感じを見せられたらなって思ってました。

堀:2018年のときと違って無観客の配信ライブだったので、クラブイベントの遊び心みたいな部分をどうやったら伝えられるかなっていうのはありました。カメラに向かって歌ったり、CMJKさんのブースに近寄って歌ってみたりって、いろんなことは意識しましたね。

■「世界旅行の設定って聞いて、ワクワクが止まらなかった」

――「真夏のホームパーティー・ザ・ワールド」はももいろクローバーZのあーりん(佐々木彩夏)が総合演出を手がけた、世界各国を旅するという設定のライブでした。

堀:あーりんさんのライブを見てて、いつかお願いしたいねってメンバーと話してたんですけど、直談判して実現しました。

清井:セットリストや衣装も全部考えてくださって。

彩木:テレビ電話でお話させていただいて「この夏にやり残したことはない?」「アメリカに行きたいです!」なんていうところから始まりました。

春名:アフリカでバーベキューをするところから始まるんですけど「ステージ上で実際にバーベキューしちゃおうよ!」なんてことになったり。

根岸:国内旅行っていう案もあったんですけど、世界旅行にしちゃおう!ってなって、それを聞いたときはワクワクが止まらなかったです。

堀:ヨーロッパのパートは、会場にある広い中庭全体を使って、ほぼワンカットで撮影したので、移動とか間に合うかなっていうバタバタな感じも楽しかったです。

清井:カメラに映ってないところでは、みんな必死だったよね(笑)。

根岸:ハワイのパートで「ナナイロダンス」を初めてプールで歌ったのは楽しかったです。

彩木:アメリカのパートの「Whoop It Up!」は元々、フリースタイルな振付やったんですけど、女の子らしい衣装で可愛く踊ってたりするので、そういうところも楽しんでほしいですね。あと、ラストの「ほなまたね サマー」が私のギターver.で、コード譜をもらったときに「なんでこの曲?」って思うくらい、コードが難しくて頑張りました。この日のライブは「ほなまたね サマー」のことしか記憶にないくらいです(笑)。

清井:夏の終わり感が出てて、すごく良かったよ。

■「“配信”というものがある時代で良かった」

――2020年のライブはほとんどが無観客の配信になってしまって寂しい部分もあったと思いますが、そんな中で楽しさを感じたことはありますか。

春名:“配信”というものがある時代で良かったなと思います(笑)。どこに住んでいる方も私たちのライブを見られるってすごいことですよね。

堀:オンラインサイン会も初めはどうなんやろって思ってたんですけど、コメント欄とか読んでると本当に皆さんと会ってるような気持ちになれるんですよ。ファンの方に支えられてるなって改めて感じました。

彩木:配信チケットを買ってくださった方がおうちでライブを楽しめるっていうところに、アイドルが皆さんの生活の中に自然に入り込んだ気がしてうれしいです。

根岸:有観客のライブはお客さんの声援や拍手がありますけど、配信はリアルタイムでコメントをいただけるのがありがたいし、これから有観客ライブがもっとできるようになってからも配信ライブも続けたいなって思いました。

――3月13日(土)、14(日)には地元・大阪のCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで久々の有観客ワンマンライブ「桜咲くこの場所で」も控えていますね。

堀:大阪でワンマンをやるのは久しぶりですね。COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールっていう新しい会場なんですけど、自粛期間中に大阪城周辺をランニングしてるときに見てて、ここでライブやりたいななんて言ってたので、すごく楽しみです。

清井:有観客ということで、皆さんとお会いできる喜びを噛みしめながら楽しくライブができたらなって思ってます!

取材・文=青木孝司