HKT48のオンライン演劇プロジェクト「HKT48、劇団はじめます。」(以下、劇はじ)の公演ビジュアルが解禁され、チケット販売が開始された。

“劇はじ”は、企画、プロデュース、脚本、演出、衣装、美術、音響、映像、配信、広報、出演の全てをHKT48メンバーが担い、メンバーは「ごりらぐみ」「ミュン密」という2つの劇団に分かれ、それぞれ「不本意アンロック」「水色アルタイル」というオンライン演劇を上演。公演は2月20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)、27日(土)、28日(日)の全5日間20公演で行われる。

また、劇はじの公演制作の様子を追ったドキュメンタリー映像が、1月28日(木)夜8時にHKT48公式YouTubeチャンネルにて公開予定となっている。さらに、28日(木)夜7時からは「#劇はじ 中間報告会!!!」を生配信。劇はじ参加メンバー全員が登場し、稽古場の雰囲気、公演制作中のマル秘エピソードなどを明かしていく。

■劇団ごりらぐみ 演出・下野由貴コメント

不本意な形で、自分の言動が誰かの人生に影響を与えているとしたら、とても怖くて何もできなくなりそうですよね。それならいっそ、誰とも深く関わらなくてもいいやって思ったり。この作品に出てくる人たちは、みんな完璧ではないけど、逃げたり勘違いしたり立ち向かったり、とても人間らしくて誰の心にも寄り添ってくれて、人との関係性って、そう簡単じゃないけど、だからこそすてきなものなんだなって思わせてくれます。約1カ月後、皆さんにもこの気持ちが届きますように。

■劇団ミュン密 演出・田島芽瑠コメント

この作品はとてもシンプルです。今の時代の生きにくさの中で、ここまでシンプルでピュアな作品をする意味。真っすぐな思いを観ている人たちの心に直接ぶつけたい! そんなことを考えながら作っています。フラッと立ち寄った喫茶店でお茶をするような感覚で、何も考えずただ純粋にこの作品と触れ合っていただければと思います。