2月4日(木)に放送される「遺留捜査 第6シリーズ」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の第4話に、モーニング娘。OGメンバーで女優として活躍中の工藤遥がゲスト出演することが分かった。ミステリードラマ初出演となる工藤は、「お話を聞いたとき、犯人でも被害者でもどちらでも楽しみで(笑)、すごくワクワクしていました!」と新たな挑戦に胸を躍らせていたことを明かした。

同ドラマは、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁する刑事・糸村聡(上川隆也)の活躍を描く物語。

■被害者と三角関係!? 工藤演じるネイリスト・深春に疑惑が――

工藤が第4話で演じるのは、ネイルサロンの店主・小川深春。

バーのママ・中松里香子(朝海ひかる)が何者かに刺殺される事件が発生し、“特対”が捜査を始めたところ、被害者は22年前に殺人に手を染め、逃亡を続けていた指名手配犯だった事実が判明する。

そんな中、糸村は彼女が死の間際に握りしめていた1本の古びたマドラーに興味を抱くが、やがて深春と被害者が、一人の男性をめぐって三角関係にあったことが発覚。深春に対する疑惑が深まっていく。

■初のミステリードラマで、悲しげな影がつきまとう疑惑の女性を熱演

工藤は2017年、モーニング娘。を卒業後、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018-2019年、テレビ朝日系)で本格的に女優の道へ。「のぼる小寺さん」(2020年)で映画初主演を果たし、現在も「461個のおべんとう」(2020年)、「大コメ騒動」(2021年1月8日公開)、「樹海村」(2021年2月5日公開予定)など出演作が目白押しだが、ミステリードラマは初挑戦。

深春を演じるに当たって、「知らず知らずのうちに深い傷を負っている子だと感じました」と役柄を分析。これまではつらつとしたヒロインや学園のマドンナなどひた向きな役柄を多く演じてきたが、今回は「自分ではそんなつもりがなくても、周りには“何かがある”と思われるような雰囲気を強く心掛けて演じました」と、悲しげな影がつきまとう疑惑の女性を熱演した。

■工藤遥(小川深春役)コメント

――ミステリードラマ初出演ですが、「遺留捜査」からオファーを受けたときのお気持ちは?

うれしかったです! 長く続く作品に参加させていただけるのはとても光栄ですし、背筋が伸びる思いでした。お話を聞いたとき、犯人でも被害者でもどちらでも楽しみで(笑)、すごくワクワクしていました!

――京都での撮影はいかがでしたか? 現場の印象も教えてください。

とても寒さが厳しい時期でしたが、対策と防寒を万全に楽しませていただきました。ミステリードラマの現場とは思えぬ、和気あいあいとした和やかな雰囲気に驚いたと同時に、すんなりなじむことができたかなと思います。

――今回の役柄・小川深春は、どんな女性だと思いましたか? 演じるに当たって、心掛けたことなど教えてください。

知らず知らずのうちに、深い傷を負っている子だと感じました。自分ではそんなつもりがなくても、周りには“何かがある”と思われるような雰囲気を強く心掛けて演じました。

――上川隆也さんとは初共演でしたが、どんな印象を持たれましたか?

とっても紳士的な方で、たくさん声も掛けていただき、短い時間でしたが輪の中に入れてくださいました。現場の誰もが上川さんに熱い信頼を寄せているのが、すごく伝わってきました。

――視聴者へメッセージをお願いします。

私が演じた小川深春も含めて怪しい人が出てきますが、その人たちの背景には深い理由が必ず隠されているので、そんなところをすくい取っていただけたらうれしいです。

■特対リーダー・路花に衝撃! 知人が遺体で発見される

1月28日(木)放送の第3話では、特対のリーダー・佐倉路花(戸田恵子)の亡き友人の妹で、元警察官の前園由紀(黒川智花)が遺体となって見つかる事件が発生。糸村は被害者が持っていた一片の“紙”に注目し、被害者と路花の間に何があったのか、路花の知られざる過去が明らかになる。

この第3話には、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019-2020年、テレビ朝日系)で人気を博した綱啓永がゲスト出演し、人気モデル役を演じることも話題となっている。

■2月4日放送、第4話あらすじ

バーのママ・中松里香子(朝海ひかる)が、店内で殺されているのが見つかる。

前日の閉店後に何者かに刺されたようだったが、臨場した糸村聡(上川隆也)は被害者が古びた銀のマドラーを握りしめていることに気付く。先端が小さなスプーン状で、その反対側は鉛筆の芯のように尖っている、少々変わった形のマドラーだった。

間もなく里香子の本名は“川端葉子”で、彼女は22年前、福岡市内で料亭の板前が殺された事件の容疑者として指名手配されていたことが判明。バーのオーナーである梶木邦昭(小林勝也)は6年前に彼女を雇い入れた際、身元は確認しなかったと話す。

また、科捜研研究員・村木繁(甲本雅裕)の鑑定の結果、凶器の包丁から被害者以外の血液がわずかに検出され、犯行の際、犯人は自らの手を傷つけた可能性が高いことも判明する。

そんな中、バーのカウンターにネイルサロンの名刺が貼ってあることに気づいた糸村と神崎莉緒(栗山千明)は、サロンの店長・小川深春(工藤遥)を訪問。深春は、里香子が来店したことはあるものの彼女のこともマドラーのことも分からないと証言する。