1月30日(土)放送の「炎の体育会TVSP」(夜7:00-9:00、TBS系)に、2020年に2年連続38回目のリーグ優勝を果たした読売巨人軍が登場。「プロ野球チーム対抗100秒チャレンジ」に初参戦する。

■巨人3人の精鋭がトップの記録を目指す!

「プロ野球チーム対抗100秒チャレンジ」は、球団ごとの対抗企画。1チーム4選手が参戦し、1人につき全20枚の的を100秒間で何枚射抜けるかに挑戦。射抜いた的の数が多い上位3人の合計枚数がチームの記録となる。

2020年12月の放送で、「体育会TV」初登場の中日ドラゴンズ軍が1人平均17枚以上を射貫き、合計52枚という驚異の大記録を達成。元木大介ヘッドコーチ率いる巨人軍は、リーグ連覇のプライドを懸けた、負けられない挑戦となる。

今回記録に挑む巨人軍のメンバーは、昨年巨人の捕手として阿部慎之助(現2軍監督)以来のベストナイン賞に輝いた大城卓三選手、“ダイナマイト・シンゴ”の愛称で慕われ、昨年は代打の切り札として活躍した石川慎吾選手、昨年1軍に定着したバットコントロールの名手・松原聖弥選手、そして元木ヘッドコーチの4名。

大の巨人ファンである伊沢拓司はスタジオゲストとして出演し、「この100秒チャレンジに最もふさわしい3人を選んだ元木ヘッドはさすが! 特に広角に打ち分けられる大城選手に期待します!」と大興奮。

■大城選手「目指すはパーフェクト!」

原辰徳監督からの信頼厚い元木ヘッドコーチは「日本シリーズはダメだったので、今年1年は絶対負けない! 全部負けない! 今回はこの3人で十分。俺の出る幕ではない!」と選んだ精鋭たちに思いを託す。ハッパを掛けられた3人は「元木ヘッドには休んでいただこう」(石川選手)、「3人で60枚行きます」(松原選手)、「(目標枚数は)パーフェクト!」(大城選手)と意気込み挑戦する。

さらに、新春恒例、原晋監督率いる青山学院大学陸上競技部の駅伝チームが登場。今年の箱根駅伝で復路優勝を果たした駅伝チームのメンバーが総出演。体育会TV軍と「炎の3番勝負」に挑む。