モデル・冨永愛の撮り下ろし写真とインタビューが、ジュエリーブランド・ミキモトが展開するスペシャルサイト「My Pearls, My Style」で2月2日に公開された。

「My Pearls, My Style」では「パールは、まとう者の内面と個性を鮮やかに映し出す、唯一無二のジュエリーである」をテーマに、ミキモトのジュエリーを愛用する著名人や、親しみのある著名人のスペシャルインタビューと撮り下ろしビジュアルが随時公開されている。

写真家の下村一喜が撮り下ろした今回のビジュアルで、冨永はパールをまとい誇りや強さを表現。艶やかな表情や輝きなど冨永の個性や美しさを見ることができる。インタビューでは、パールの魅力や思い出のほかに、パールを身に付けたファッションのこだわりも語っている。

■冨永愛のインタビュー

――パールが持つ魅力は、どんなものだと思いますか?

今回の撮影でもあらためて感じたことですが、パールはどんなファッションにも、どんな個性にも寄り添ってくれるジュエリー。ドレスはもちろん、シャツにもデニムにも合うし、着物にだって合う。まとうだけで特別な気持ちになれるのは、ほかのジュエリーにはない魅力ですね。

――パールを自分らしくスタイリングするなら、どんなスタイルになるでしょう?

私に大きなインスピレーションを与えてくれたのは、スタイリストの仙波レナさんのパールのつけこなし方でした。ロングネックレスを首にぐるぐると巻いて、ゴールドやターコイズなど、全く違うジュエリーとの重ねづけを楽しんでいらっしゃって。

それまでパールに対しては、どこかフォーマルなイメージを持っていたのですが…カジュアルに見せることもできるのだなと、まさに目から鱗が落ちる思いでした。私もさっそく真似をして、チャームがついたペンダントとパールのロングネックレスを無造作に合わせてみたりしました。

パールのネックレスって、日本人ならどの家にも必ず1本はあるような、そんな定番のアイテムでしょう?だからこそ、「とっておき」のときだけにつけるのではなく、もっと普段から日常的に楽しみたい。ネックレスは手首に巻けば、ブレスレットにもなりますしね。そんなふうに、もっとカジュアルに、そしてデイリーにつけこなしていけたらいいなと思います。

――冨永さんにとってのファースト・パールとは?

幼い頃、祖母のパールのネックレスをつけてみたことがあるんです。今でもそのときのときめきを覚えていますね。パールをまとうことで、すごく大人になれたような気持ちになって…。子どもだってパールが似合うんだ、と感じました。

ちなみにそのパールは、先日祖母が亡くなったことで母が譲り受けることになり、パールは家族の記憶とともに、そうして代々受け継がれていく宝物でもあるのだなとあらためて思いましたね。

自分自身で選んだ最初のパールはピアスでした。ユニークなバロックパールを見つけて、それをピアスに加工してもらったんです。私は、ちょっと個性的なデザインが好き。ミキモトとコムデギャルソンとのコラボレーションで生まれたネックレスもひと目で気に入って、お店にすぐに試着しに行きました。