俳優の佐野勇斗が、「賭ケグルイ」シリーズの人気キャラクター・早乙女芽亜里を主人公にしたドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」(3月26日配信開始、Amazon Prime Video)に出演する。役柄は、学園を牛耳る生徒会のカリスマ・壬生臣葵役。併せてキャラクタービジュアルも解禁された。

「賭ケグルイ双(ツイン)」は、河本ほむら原作、尚村透作画の「賭ケグルイ」に並行して月刊「ガンガン JOKER」にて連載中のコミックスで、読者によるキャラクター人気コンテストで No.1 に輝いた早乙女芽亜里を主人公にした物語。「賭ケグルイ」の主人公・蛇喰夢子が私立百花王学園に転校してくる1年前を描く。

その学園で絶対権力を持ち、一切を牛耳るカリスマ生徒会役員(会計)の壬生臣を演じるのが佐野。主演映画「小さな恋のうた」や主演ドラマ「俺たちはあぶなくない」など数々の作品に出演し、ティーンを中心に幅広い世代から人気を集める注目の若手俳優だ。

「賭ケグルイ双」出演にあたり、佐野は「今回、『賭ケグルイ双』に壬生臣葵役として出演させて頂くことになりました。賭ケグルイの世界に入れる事だけでも嬉しいのですが、あの大人気キャラクター、葵を演じさせて頂くなんて…本当に恐れ多いです。原作ファンの皆様にも楽しんで見ていただけるよう、全力を尽くしました。是非配信を楽しみにして頂けると幸いです!!」と喜びを口にする。

2021年も、放送中のドラマ「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」(日本テレビ)、映画「かぐや様は告らせたい2〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(仮)」(8月20日公開)に出演するなど、大忙しの佐野。

映画「ちはやぶる -結び-」(2018年)で演じた筑波秋博役や、映画「3D彼女 リアルガール」(2018年)の筒井光役など、コミックの実写映画化作品での好演も印象深い。「賭ケグルイ双」でも、森川葵演じる主人公・芽亜里をはじめ共演陣とともに「賭ケグルイ」の世界を作り上げていく。

ドラマ「賭ケグルイ双」は、Amazon Prime Video にて全8話、3月26日(金)より毎週金曜日2話ずつ独占配信。

■「賭ケグルイ双」あらすじ

これは、蛇喰夢子が学園にやって来る、「賭ケグルイ」より1年前の物語―。

ごく普通の家庭に生まれた少女、早乙女芽亜里は私立百花王学園への編入初日、期待に胸を躍らせていた。なぜならそこは政財界の子女が多数集う、正真正銘のお金持ち学校。憧れのお嬢様ライフがいよいよ今日からスタートするからだ。

1年華組の歓迎ムードに気をよくする芽亜里だったが、クラスメイトからあることに誘われる。それは‘ギャンブル’。そう、この学園では、勉強やスポーツの成績は評価されず、最も重要なのはギャンブルの強さだった。

はじめてのギャンブルで洗礼を浴び、惨敗する芽亜里。一度は逃げ出すも、 持ち前の負けん気の強さで再戦を申し出る。それは、JKギャンブラー早乙女芽亜里が<覚醒>する瞬間だった―。