声優だけでなく、アーティストとしても活動している逢田梨香子が、自身初となるニコニコチャンネル「逢いたい!」を開設。「“ここでしか逢えない逢田梨香子”をテーマに視聴者と一緒に新しい彼女の一面を発掘していく」という当チャンネルの初回が、1/21(木)に90分拡大版として生配信された。

■まずは「誤爆ツイート」の謝罪から

「生配信での自分の番組は初めてなので、私のことを『知り尽くしてるよ』っていう方でも『りきゃこはこんな一面があったんだ』と新たな一面を知っていただけるような番組になったら嬉しいです。ゆるーくラフにやっていきたいです」と、番組への意気込みを語る逢田。話題はすぐに番組放送前の“とある事件”に移る。

「あと、ごめんなさい! 違う番組のURLを載せてツイートしてしまいました。許してください」

これに対して視聴者からは「通常運転」「誤ツイートは基本」などといった誤爆ツイートをネタしたコメントが届くなど、番組は早くも和気あいあいとしたムードに。
そんな“うっかりきゃこ”最初の企画は「逢田梨香子を知りたい!」と題し、事前に視聴者の皆様に募集したお気に入りのエピソードを紹介していくコーナー。

「皆さん私のことをご存じの方ばかりだとは思いますが、もしかしたらなんかの拍子に違うURL飛んでしまって、たまたま見てくださっている、そんな奇跡みたいな方もいるかもしれないので(笑)。そんな方に私がどんな人間か教えていきたいなと思います」

最初に取り上げられたのは、逢田の友人でアニソンシンガーの亜咲花さんから寄せられた「『お店選びが得意じゃない』っていうかわいい梨香子さんのエピソードが好き」というエピソード。
「亜咲花ちゃんと『シカゴピザを食べに行こう』といってランチに行ったんですが、シカゴピザは(営業が)夜だけだったんですよね…。鎌倉のお店を紹介した時も、後日ファンの方が行ってくださったみたいなのですが全部閉店したようで……」とお店との相性が悪いことを告白。

2通目に取り上げられたエピソードは、柴犬が大好きでアカウント名も“しばいぬ”にしたという方から寄せられた「逢田さんの推せるポイントは柴犬が好きなところです」
「私を語る上で外せないのは柴犬。一番の癒し。みんなが柴犬を好きになって、柴犬のことだけを考えていたら世界が平和になると思っている」と柴犬愛を熱く語った。この日も放送前に柴犬のガチャガチャをやってきたという逢田は2つ小さなフィギュアをゲットした嬉しそうに見せていた。

■逢田オリジナルの“キュンです”ポーズを披露

2つ目の企画はニコ生のアンケート機能を利用して逢田が何をしたらいいか決めてもらうコーナー「逢田梨香子は甘えたい」。

第1問「どっちを一緒にしたい?A:じゃんけん、B:逢田梨香子クイズ」では、Bが選ばれ、逢田が即席で作ったクイズを出題。
「私が今ハマっている食べ物はなんでしょうか?」
視聴者からのコメントにも触れ「ぬか漬けとか梅干しは常に好き」「タイ料理も常に好き」としつつも正解は「チョコレート」と発表した。
「たまによさげなチョコレートを買って、ちょっとずつ食べるのが一番の贅沢」

第2問「どっちのポーズが見たい?A:レモン、B:キュンです」では、Bのキュンですが選ばれるも、逢田はなんのポーズか知らず自身オリジナルの“キュンです”を披露。
正解のポーズを教わった逢田は「このポーズみんなやってるから好きじゃない」と毒づくも、「次の放送からめっちゃやってるかも(笑)」

第3問「どっちの私を知りたい?A:学生の私、B:未来の私」では、Aの学生の私が選ばれエピソードを紹介。
「みんなが好きなのは、よく学校にお弁当で豚キムチを作っていってたエピソードでしょ? 教室がめちゃくちゃ臭くなるっていう(笑)。部活動もやってなかったし、成績も悪かった。けど、今となっては色々やっておけばよかったと思う。学生の方は私の話をあてにせず、学生生活楽しんでください」とエールを送った。

第4問「どっちの声が聞きたい? A:ひそひそ声、B:お姉さまな声」では「役でもあまりやったことないかも」と話していたBが選ばれた。
「これでよろしいかしら?では次のアンケートに行きましょう」と逢田はしばらくお姉さま声で番組を進行することに。

第5問「どっちの動きが見たい?A:シャドーボクシング、B:空気椅子」では意見が割れたが僅差でBの空気椅子になった。

第6問「どっちのセリフが聞きたい?A:ほめられたい!、B:しかられたい!」で選ばれたのはBのしかられたい!
「こら、こんな時間まで、好きな声優さんのニコ生見て、ほかにやることないの? ちゃんと歯磨いて、お風呂入った? 早く明日の支度して寝なきゃだめでしょ?」と夜更かしなファンをしかったが、「これは甘やかし」「お母さんみたい」「もっときつくしかられたい」とコメントが届いていた。

第7問「どっちの語尾がいい?A:ワン、B:だぜ!」の2択ではAが採用され、「では次のアンケートに行くワン!」とノリノリな逢田。

第8問「どっちでキュンとしたい?A:ウインク、B:バキュン」と選択肢がでたところで逢田が「バキュン」といいながらポーズしてしまい、実質1択のようなアンケートに。案の定ウインクが選ばれ、逢田のかわいいウインクでアンケート企画が終わった。
視聴者にやることを選んでもらえる企画ということで、「自分だけの責任じゃないっていうのがいい」と気楽にやれるコーナーを楽しんだ様子。

前半パートのコーナーを終えると「あっという間でした。みんながコメントで支えてくれるから、一人という感じがしなかった」と安堵していた。

前半パートの終了まで「知りたい!」のコーナーで読み切れなかったエピソードを紹介することに。レグ丸さんからの「タクシーの運転手さんに『お疲れ様です』といったり、オセロゲームでAIに全部自分の色を変えられてぼろ負けするなど数々の天然エピソードがファンの間でも語り継がれています」というエピソードが読み上げられた。
「結構やっちゃうんだよね。この間もカフェでトイレを待っているときに、先に入っていた方が出てきたときに『お疲れ様です』って言っちゃった。仕事のオンオフがうまく切り替えられてないんだよね。でも私は自我がしっかりしてるほうだから、天然ではない。天然の人がうらやましい、話の中心にいるから」と天然だといわれることに不服そうだった。

続いて、たけりんさんから寄せられたのは「『夜にテレビでやってる砂漠の映像を見てるかな』というエピソードがお気に入りです。本当にみているのか真実が知りたいです」
「夜行性なので、深夜3時とか4時になると砂漠の映像が流れるチャンネルがあるんです。あといろんな国の街並みとか東京の夜景とか何にも考えたくないときに無心で見れるから、結構見るね。寝たらいいんだけど、寝たくないときとかに見るね。わかる人いるかなー。砂嵐じゃないよ。カラーバーはたまに見てるけど」

紹介しきれないほどたくさんのエピソードが番組に寄せられたが、ここで番組の前半パートが終了。
後半パートは番組の会員限定パートとなっており、衣装をパジャマに着替えて、一緒に視聴者とお夜食を食べたり、ストレッチをしたりするなど盛りだくさんの企画を行なった。

ニコニコチャンネル「逢いたい!」は月額550円(税込)で、月1回以上の配信を行う予定。会員になると、会員限定パートを含む生放送全編を見ることができる。