「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」(夜8:54-9:48、テレビ朝日系)が、2月2日放送回から、「爆笑トークで“今どきの若者の感覚”を浮き彫りにしていくバラエティー」としてリニューアルすることが分かった。新企画となる「センスがいいのは!? AorB」「3割もいるんだ!? AorB」などのテーマで、“トリニクダイヤモンド”16人の若手の感性に、5人のベテラン芸能人がどこまでついていけているのかをチェックしていく。

誰もが知っていて当然の「基本の二択問題」から、ベテランが今どきのセンスを理解しているかが問われる「センス二択問題」などで、ベテランと若手の本音が激突。若手とベテランでセンスの違いが明らかになる。

■和田アキ子がまさかの失態

「そんなコト考えた事なかった! AorB」は、誰もが知っていて当然という「二択問題」を出題し、5秒以内に解答し全員正解でクリアとなるクイズ。クリア数によって豪華賞品がゲットできる。

1問目に出題されたのは「狛犬はどっち?」。Aには柴犬、Bには狛犬の写真が出され、一目瞭然の二択問題だが、トリニクダイヤモンドのメンバーからは「え? むちゃくちゃ難しい!」「どういうこと?」という声が続出。「狛犬」の漢字を読めないトリニクダイヤモンドメンバーもいて、1問目からスタジオは紛糾する。

2問目は「この点心はどっち?」。Aには那須川天心、Bには小籠包の写真が出される。この問題にまさかの不正解でスタジオ中から悲鳴を巻き起こしたのがベテラン芸能人の和田アキ子。不正解後に問題の意味を理解すると茫然自失の表情に。

大久保佳代子が「今まで、どうやって生きてきたのよ!」と説教するなど、「常識を二択にした問題」から予想外の展開が続々と巻き起こる。

■「センスが良いのは!? AorB」

「センスが良いのは!? AorB」では、TwitterやInstagramといったSNSのフォロワー数で支持を誇るトリニクダイヤモンドのメンバーたちが持つ今どきのセンスを、ベテラン芸能人も持ち合わせているかどうかをチェックする「センス二択」でクリアを目指す。

■「3割もいるんだ!? AorB」

「3割もいるんだ!? AorB」では、時代と共に変化してきた若い世代の考え方を、ベテラン芸能人が理解できているかどうかを「二択」でチェック。

今どきの若者の感性を、ベテランは理解できるのか、今どきなシチュエーションから2択が出題され、トリニクダイヤモンドのメンバーが3割(16人中5人)以上いる方をベテラン芸能人が予測し、正解すればクリアとなる。

■「漢字一文字ヒントから答えを導け!」

最終問題は、クリアすれば豪華賞品がさらにもう一つゲットできるチャンスチャレンジ。ただし、失敗すれば賞品獲得はゼロとなる。

今回の放送から、ヒントを出す側と解答する側が逆転し、トリニクダイヤモンドのメンバー16人が、カタカナ5文字の言葉から連想される漢字一文字を出し、ベテラン芸能人5人が一文字ずつ答えることに。しかし、ベテラン芸能人が一人でも間違えてしまえばクリアとはならない。

テーマ「誰もが絶対に知っているもの」からカタカナ5文字の言葉が選ばれると、漢字一文字ヒントには、「黒」「冷」「太」「悪」「陽」「斜」「耳」「光」「眼」など、16人分のさまざまな漢字ヒントが出される。

せいやが「気を付けてください! ハズレのヒントもあります!」と発言するなど、漢字が多いだけにベテラン芸能人は大混乱。大久保も「解答がまったく思い浮かばない…」とさじを投げる展開になる。