名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48のニコニコチャンネル「SKE48非公式ちゃんねる」が、1月27日にスタート。初回配信にはSKE48キャプテン・斉藤真木子、チームKIIリーダー・大場美奈、チームE・相川暖花、高畑結希が出演し、バラエティー企画に文字通り“体当たり”で挑んだ。

■記念すべき初回は出演メンバーの睡眠からスタート

最初の企画は「寝起きで即○○」。今回は寝ている状態からサカナクションの「新宝島」が流れたら飛び起き、イントロの間にスタジオに移動して、振りを1コーラス間違えずに踊り切れたらクリアという内容。

そのため、記念すべき配信初回ではあるが、華々しいタイトルコールもなく、配信はパジャマ姿の4人がスタッフから安眠グッズを受け取り、配信開始1時間前に布団に入るVTRから始まるという、何とも“非公式”らしいスタートとなった。

オープニング映像が明けて画面が4人の寝姿に切り替わると、間もなく「新宝島」が流れ始める。即座に飛び起きてスタジオに向かう斉藤と高畑、少し遅れて追いかける大場。

そして、微動だにしない相川。

すぐに引き返して相川を起こし、スタジオへ急ぐ3人だが、相川は布団の上で手を腰に当てたまま立ち尽くすだけ。失敗の判定を告げるブザー音が鳴り響くと、「何で動いてないの…(笑)」(斉藤)と、3人は眠気と落胆が混ざった表情を浮かべながら元の部屋へ。

続く2回目の挑戦のため、再び布団に入る4人。静止画のようなシュールな映像が続きしばらくすると、また「新宝島」のイントロが流れ始め、今度は4人でスタートダッシュに成功。

だが、今度はメンバーやファンの間では“ぽんこつ”キャラでおなじみの高畑が、サビ前の振りのタイミングを間違えて失敗。またもや布団の部屋に戻ると、ここで斉藤から「寝る場所変えてみる?」という、おそらく視聴者も「何の意味が?」とツッコんだであろう、作戦の提案が。

斉藤と大場の寝る位置が入れ替わり、高畑がスタッフから受け取った自撮り用のヘルメットを着けて寝始めると、今度はすぐに音楽がかかり、4人共スタジオへダッシュ。

そして、再び振りを間違える高畑。

すると、ここでスタッフからの指示で振り付けの確認タイムへ。

大場「ここ(サビ前)がいけたのに、何がいけなかったの?」

高畑「(ヘルメットを指さし)音聞こえなくて」

大場「最初聞こえてたのに、何でサビ聞こえなくなるの!?」

相川「(振りが)全部違う。全部遅い」

斉藤「これ(ヘルメット)のせい(で聞こえない)?」

高畑「そうそう…」

斉藤「今聞こえてる」

高畑「…え?」

そんなやりとりもあって挑んだ4度目は、高畑がヘルメットを外した甲斐もあり(?)、ようやく成功。だが、喜びの中でチャレンジを振り返っていると、相川の身に人知れず起こっていた異変とその原因が発覚し、スタジオは大爆笑となった。

相川「(最初の挑戦を振り返って)起きたらみんないなくて」

大場「(起こしているときに)うちら必死過ぎてほのの(相川)の腕、こうなってたもん(両腕を後ろに引っ張られる動き)」

相川「待って! だから腕痛いんだ!」

■予想以上の盛り上がりを見せた令和版「モジモジくん」

2つ目の企画は「神々の創りし“声”」。4人が箱から引いたカタカナを、床に寝転がり体でその形を作っていき、作った文字のみで会話ができるという、いわば令和版「モジモジくん」。

先ほどのパジャマ姿から変わって、今度は全身黒タイツ姿で現れた4人。序盤に予想外の「ゑ」を引いてしまうなどはあったものの、順調にクリアしていくと、10文字を解放したところで「自分の体で一番好きな部分の話」というテーマが出され、トークをすることに。

「ハナ」「ヒフ」「ヘソ」と使える文字を使って答えていくメンバーだったが、斉藤は「ソ」と「ン」を見間違えるという痛恨のミスを犯し、未開放の文字を使ってしまったときの罰ゲームのハリセンの餌食になってしまった。

また、ほとんどの文字が解放された終盤、斉藤の名前である「マキコ」が言えるようになると、「サン」も使えるにもかかわらず、相川はどさくさに紛れて斉藤を呼び捨てに。さらに、特に意味もなくノリで斉藤をハリセンでたたいていると、ハリセンを奪われ“倍返し”を食らってしまい、「マキコ、イタイ…」と声を漏らした。

■4人の「検索履歴」を抜き打ちチェック!

そして、最後にドッキリ企画として、それぞれのスマホの検索履歴を抜き打ちチェックする「検索ワード履歴 痛恥ず王」も実施。

この日の衣装に合わせてパジャマに似合う髪形を調べていた高畑だったが、その中に紛れて「自信」という検索履歴が。「テレビ見てて、『恋落ちフラグ』が放送されたじゃないですか。どうやったらもっと自信つくんだろうな…って」(高畑)と、本人いわく“シビア”な一面をのぞかせた。

また、高畑は検索履歴が少なかったことからカメラロールも公開することになり、自撮りの写真が多過ぎることを暴露された。

続く大場は、検索履歴の前に「秘密にしていた」という待ち受け画面を公開。「今一番好きな俳優さん」(大場)が犬と写っている写真が画面に映されると、「めちゃくちゃファンじゃん!」と斉藤にイジられ、恥ずかしそうな様子を見せた。

検索履歴の方では、高卒で取得できる資格を調べた形跡を発見。「(コロナの影響で)今月とか暇じゃん。急に不安になって、資格取っておきたいなって思って。何が起きるか分かんないから」(大場)と堅実さを明かす一方で、遅咲きの女優を調べ「こんなにすごい人が遅咲きなんだ。私も遅咲きでいける!って」と、自身を鼓舞していたことを明かした。

相川は、数日前から“確実に起きられるアラーム”を検索していたことから、この日に限らず普段から寝起きが悪かったことが発覚。斉藤は「みるきーの歯がめっちゃきれい。YouTubeで見て、歯列矯正したんだって。それを見ようと思って…(笑)」と、「渡辺美優紀 歯」という検索をしていたことが明らかになった。

“【初回SP】90分拡大生放送”と銘打ちながら、初回配信は結果的に2時間を超える大盛り上がりの内容となったニコニコチャンネル「SKE48非公式ちゃんねる」は、月額880円(税込)で月数回の生配信を実施。第2回は2月10日(水)夜8時より配信予定で、上村亜柚香、荒井優希、熊崎晴香、福士奈央が出演する(※変更の場合あり)。


※高畑結希の「高」は正しくは“ハシゴダカ”