香取慎吾が主演する連続ドラマ「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」(毎週月曜夜10:00-10:54、テレビ東京系)。2月1日放送の第2話は、ネット上でデマが拡散され、誹謗中傷を受けている女性の事件が描かれた。香取演じる万丞が被害女性に紡いだ言葉は、誰しもが胸にとどめておきたいものだった。(以下、ネタバレがあります)

■デマが拡散される怖さ

本作は、インターネットの誹謗中傷問題に焦点を当てたクライムサスペンス。タイトルの「アノニマス」とは、日本語で匿名を意味する言葉で、ネット上の匿名比率が他国と比べて顕著に高い日本の社会問題に切り込む。

舞台となるのは、“キーボードによる殺人=指殺人”に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”。主人公の万丞渉(香取)がくせの強いメンバーと共に、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導く。

第2話には、深川麻衣がゲスト出演。深川演じる亜里沙は、プロポーズされて幸せな時を迎えていたが、ネットで炎上中の店員を土下座させる動画の女性であるというデマが拡散され、指殺人対策室に相談に訪れた。

顔写真や勤務先も晒され、さらには過去の動画も投稿されてしまった。調べで、その動画はだまされて撮影されたもので、弁護士を通して表に出さない約束を取り付けていたはずだった。「私はデマだとか偉そうに主張できる立場じゃなかった」「消えない過去を持った人間」と亜里沙は訴えを取り下げたが、万丞や咲良(関水渚)らは別角度からの罪で捜査を進めていった。

アクセス数を稼ぐために中傷記事を書くライターの罪の意識のなさに直面した万丞は、「俺たちは何と戦ってるんだろうな」とつぶやいた。思わず漏れ出た本音は、SNSの怖さを表している。

第1話にもあった“指一本”で発信された情報が人を苦しめるものにもなってしまう。まさに今、誰かの身に起きているかもしれないリアルさで、物語へと引き込んでいく。


■「未来はいくらでも書き足すことができる」

業務に支障をきたした会社から休むように言われ、恋人の翔平(田中俊介)にも別れを告げた亜里沙は、身を投げようとしたが、万丞、咲良、そして翔平が駆け付けた。

実は、翔平にも高校生の時にオレオレ詐欺の受け子で逮捕され、ネット上で大バッシングされた“消せない過去”があった。それを亜里沙に隠していた翔平は謝罪し、あらためて「一緒にいたい」と言った。

「よかった…私、1人じゃないんだ」と涙した亜里沙のもとには、行方不明になったと聞いて探し回っていた会社の人々も駆け付けた。

悪質な誹謗中傷の犯人、デマを拡散した人物と、100人以上が立件されることになり、長くなる戦いを決意した亜里沙に、万丞はネット上に誹謗中傷だけでなく、応援する声があったことを伝えた。そして、「自分の過去は消せない。それでもあなたたちの未来はいくらでも書き足すことができる」と告げた。

SNSはもちろん闇だけではない。「守りたい」と言ってくれる人もいる側面もあり、万丞が投げかけた救いのメッセージに希望がともった。


■2月8日(月)放送 第3話あらすじ

高校生・片山蓮(青木柚)によるホームレス殺害事件。1カ月後、蓮の個人情報が特定、ネット上で晒されたことで大きな話題となっていた。

事実とは異なるひどい中傷も多く、蓮の父・遼太郎(戸田昌宏)は、「指殺人対策室」に最初に情報を晒した犯人を捕まえてほしいと依頼。

万丞と咲良はさっそく捜査にあたるが、交友関係を調べるうちに蓮の本性が浮き彫りになっていく。