黒木瞳がナビゲーターを務める「ENEOSプレゼンツ あさナビ」(毎週月〜金曜朝6:43-6:49、ニッポン放送)の、2月15日(月)から19日(金)のゲストに、1月から放送されているドラマ「カンパニー〜逆転のスワン〜」(毎週日曜夜10:00-10:50、NHKBSプレミアム)で共演している、V6のメンバーであり、歌手で俳優の井ノ原快彦が出演することが決定した。

黒木はもともと、井ノ原を親しみをこめて「イノッチ君」と呼ぶ間柄だが、ドラマ自体はまじめなシーンが多いものの、笑いの絶えない収録現場だったようで、その雰囲気そのままに、終始、なごやかな雰囲気で収録は進行した。

同ドラマは、総務一筋で生きてきたサラリーマンが、存亡の危機にある老舗バレエ団の再生に挑む、涙と笑いの奮闘物語で、井ノ原は“カンパニー=仲間”の力で、バレエ団の年末興行の成功を目指す青柳誠を演じている。

井ノ原は自身が演じた青柳について、「良かれと思ってやったことが、すべて裏目に出る。主人公の性格や境遇は、自身にも思い当たる節があり、どこか少し似ているような気がしていました。意外とありのままで演じたイメージですね」と回想するとともに、黒木に対しては、「現場の黒木さんはすごいと思いました。みんなとディスカッションして、現場を作っていくんだと、改めて思いました」と絶賛した。

黒木も、「現場が、ものすごくイノッチ君を中心に、本当のカンパニー(仲間)のように、出演者やスタッフが一致団結していた。イノッチ君の人徳だと思う」と話し、ふたりは「本当に楽しかった現場だった」と撮影時を振り返った。

番組では、小学生の時にジャニーズ事務所に入った当時のエピソードや、最近、はまっている料理や趣味の話まで、はば広い話題で盛り上がったことに加え、井ノ原は、活動26年目を迎えるV6、一緒にやってきたメンバーについても語っている。