STU48が、6thシングル「独り言で語るくらいなら」のミュージックビデオを2月1日夜10時に、STU48としては初となるYouTubeプレミア公開した。

1月15日の「新春STU48武道館コンサート」にて初披露した本楽曲だが、ミュージックビデオではスタジオと広島県呉市にて撮影を行い、CGを使用した抽象的な風景と瀬戸内のリアルな風景で、相反するふたつの世界を表現した。

新センターには、高いアイドルスキルを持ち、ファン想いの努力家で知られる、まさに“ナチュラルボーン・アイドル ”とも言える、1期生の石田千穂が初めて立つ。空を見上げ、“もうひとりの自分”と向き合い続ける彼女の、ふだんのほんわかキャラからは想像がつかないような、真剣な表情とのギャップを見ることができる。

ダンスシーンでは、上下で鏡あわせのようにメンバーを写し、16人それぞれの“もうひとりの自分”をCGならではの演出で表現しており、STU48を手がけるのは今回で3作連続、4度目となる、世界的ダンサーの辻本知彦が、三拍子のリズムとファンタジックな雰囲気を意識した振り付けを制作した。

またSTU48は、「アニメ de 海ごみゼロプロジェクト」に賛同し、海洋ごみ問題をテーマに制作された、アニメ映画「サンタ・カンパニー〜真夏のメリークリスマス〜」とタイアップしており、作品のエンディング曲に本楽曲が起用されている。

■STU48 石田千穂<「独り言で語るくらいなら」センター>コメント
このような状況のなか、前作から約5カ月というタイミングで6thシングルを発売できること、ミュージックビデオを公開できることにとても感謝しています。

そして私、石田千穂が初めてセンターを務めさせていただきました。STU48を知らない人にも知ってもらうきっかけになる、入口のような存在になれるようにがんばります。

新しい曲調だけど、歌詞のなかに「田園が広がる」「ガラガラの電車」など、都会とは少し違う瀬戸内らしい歌詞が入っているのがお気に入りです。

ダンスは、今回も辻本知彦さんに振り付けをしていただきました。振り付けしていただくのは4作目となり、今回は、今まででいちばん不思議で幻想的な振り付けだと感じました。ひとつのサビのなかに2パターンのダンスを踊っていて、同じダンスをしている瞬間があまりないのが特徴です。ぜひその違いを見つけてみてください。

このMVは、今までのSTU48のMVと違い、初めてCGを使った、スタジオがメインでの撮影になりました。ですが、メンバー4人で瀬戸内でのロケ撮影もあったので、今までのようなSTU48の良さも残しつつ、いろんな新しいことにも挑戦できたMVになっていると思います。

「独り言で語るくらいなら」が、たくさんの方に愛される曲になりますように。2021年も、STU48をよろしくお願いします。

■高田弘隆<「独り言で語るくらいなら」MV監督>コメント
すごくていねいに熱意を感じるオリエンを受けさせていただき、関係者、スタッフさん達の人柄の良さやアーティストへの想いを、Zoom越しに熱く感じました。自分も期待に応えたい気持ちが熱くなりまして、新しいアプローチ、映像のギミックを追究いたしました。

今の自分を超え、いろいろな意味で強くなった自分たちを、ダンスのなかで表現させてもらいました。その期待に応えるべく、STU48のメンバーは、多忙で時間のないなか、完璧に上下の世界2パートのダンスをそつなくこなした姿は圧巻され、見事でした。

上下の世界が違和感なく同居させるためには、ライティングの方向やパースを完全に合わせることが大事で、CGでシミュレーションし、そのデータを元に撮影しました。大変な撮影でしたが、その場にいた全員が、たがいに刺激され、相乗効果でアイディア出しあい、ポジティブなプラスの空気がまん延されました。

16人のアーティストがアップデートされ、もうひとりの自分たちを超えるテーマで表現しましたが、自分たちもカメラ越しに影響され、現場にいた全員がアップデートされた気がいたします。