第42回日本アカデミー賞をはじめ、数々の映画賞を総なめにした映画「孤狼の血」(2018年)の続編の正式タイトルが「孤狼の血 LEVEL2」に決定。8月20日(金)に公開されることが発表され、合わせて松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、早乙女太一、斎藤工、吉田鋼太郎ら、キャスト陣の情報も解禁となった。

前作を超えるほど刺激的で熱狂的な興奮を生み出す映画を作り出すという、白石和彌監督をはじめとする製作陣、キャスト、映画に携わる全員の熱量が込められた「孤狼の血 LEVEL2」というタイトル。

舞台は前作から3年後。広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上章吾(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一の“その後”が描かれる映画完全オリジナルストーリー。前作から引き続き、日岡秀一は松坂が演じる。

前作から脈々と受け継がれる思いを継いで、自身だけでなく同作に関わった全員で「孤狼の血」を超える作品を作っていくという熱い思いを語り、髪をバッサリ切って現場に臨んだ松坂。建物3階から飛び降りるスタントや、カーアクションにも挑戦している。

そして、日岡の前に立ちはだかる“悪魔”の男、上林組組長・上林成浩役は鈴木。上林は、五十子会の若中で、刑務所出所後に五十子会上林組を立ち上げ、日岡と対峙(たいじ)する。鈴木は、上林のキャラクターを表現するため徹底的に役に入り込み、圧倒的存在感で日岡の前に立ちはだかる。

他にも、強烈な個性を持つキャラクターが登場。日岡のスパイとして上林組に潜り込む近田幸太(通称:チンタ)役は村上、チンタの姉でありスタンド「華」のママ・近田真緒役は西野。西野は、清純派なイメージから一転、スナックのママを演じるにあたり地毛を明るく染め、気合十分で今作に参加している。

さらに、呉原市の暴力団・尾谷組の組員・花田優役は早乙女、尾谷組の若頭・橘雄馬役は斎藤。前作以上に危険で、武闘派な尾谷組が、さらなる刺激を物語に与えていく。

殺人事件を日岡と共に捜査することになる、広島県警本部・捜査一課の刑事・瀬島孝之役は梅雀。前作までに登場してきた刑事たちとは異なり、瀬島は柔和な雰囲気を持っている。

また、広島仁正会という巨大組織を治める会長・綿船陽三役は吉田。前作以上のスケール感と、組織同士の激しいぶつかり合いが展開する。

■日岡秀一役:松坂桃李コメント

本作の製作が正式に決まったことを聞いたとき、ついに前作「孤狼の血」のクランクアップ時に役所さんから頂いて、3年間御守りのように肌身離さず持っていたライターの出番だ!と思いました。

キャストやスタッフ全員で、前作を超えるものにするという熱量を各々が抱いて、現場に臨んでいたと思います。

コロナ禍の中での撮影でさまざまな制約があったり、前作以上の激しいアクションに、思わず「僕はトム・クルーズじゃないんだから」となりましたが(笑)、今の自分にできうることは精いっぱいやり切れたので悔いはないです。

心強い白石組のスタッフさん、共演者の皆さんに支えていただいたので、最高の作品をお届けできると思います。

■上林成浩役:鈴木亮平コメント

白石監督からオファーを頂いた際に、「上林を日本映画史に残る悪役にしてほしい」という言葉を頂きました。続編ということに非常にプレッシャーを感じましたが、脚本を読んで“これはお受けしないわけにはいかない”と強く感じ、挑戦することを決心しました。

松坂さんが主役として中心にいてくれるからこそ、本作から参加する私も、思う存分好き勝手に暴れることができました。上林として思い通りに生きさせていただけて本当に幸せでした。

■近田幸太役:村上虹郎コメント

孤狼の血、続編、格別でした。こんなに愉しい現場は存在してもいいのかと。前作に続き広島の呉という町で日々、僕の目にはしっかり“火花”が見えていました。チンタ、いい役です。というか皆さん、最高です。大いに、幸せな時間でした。乞うご期待。

■近田真緒役:西野七瀬コメント

オファーを頂いたときは何かの間違いなんじゃないかと、とてもびっくりしました。でも、本当にうれしかったので、参加するからにはできること全部やりたいなと思って演じました。

髪色もですし、人の頭をたたくのも初めてで本気でたたきました(笑)。真緒という役を演じることで、自分自身も何か変われたらいいなと思い挑戦することができた作品です。

■花田優役:早乙女太一コメント

久しぶりの映画の現場が強面の方ばかりだったので少々戸惑いました。自分は血の気の多い役でしたが、その中でも恐怖を感じることはあるだろうし、そういった人間らしさをリアルに表現しようとしました。

また、キャスト・スタッフの皆さんが作り上げてくれた集中した空気の中で、撮影に臨むことができました。

■橘雄馬役:斎藤工コメント

前作を見た後の衝撃がすさまじく、どんな役でもいいから出たい!と思い、今回念願かないました。尾谷組という組織の中で際立つ橘という役を頂き、最高の登場の仕方をさせてもらいました。

前作から受け継がれている熱量もあって、この映画は日本映画にとってものすごい1ページを刻む作品だと感じました。

■瀬島孝之役:中村梅雀コメント

台本を読んで、人間模様や組織関係がとても緻密に面白く書かれていて、現場がとても楽しみでした。日岡の相棒である瀬島を演じましたが、日岡が実の息子であるかのように接して関係を表現していきました。

松坂さんはどんな役も自然体で演じられていて、本当に素晴らしかったです。この映画に出られたことを光栄に思います!

■綿船陽三役:吉田鋼太郎コメント

クレイジーで、エンターテインメントとして抜群に面白い「孤狼の血」の続編に出られると聞いて、ワクワクしましたし、気合を入れないとと思いました。

初めは役所さんの代わりの役かな?とか思っていましたが、全然違いましたね(笑)。組織のトップという役柄でしたが、貫禄がありつつも、ユーモラスなお芝居もできて、緩急があってとても演じ甲斐がありました。

■「孤狼の血 LEVEL2」ストーリー

舞台は前作から3年後。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。

権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった1人の“悪魔”によって事態は急転していく。