角野卓造と近藤春菜が、2月6日(土)放送の「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)に出演。顔立ちが似ていることで知られ共演の機会も多いという2人の、少し不思議で楽しい関係に阿川佐和子が迫る。

近藤の「角野卓造じゃねぇよ!」のギャグがきっかけでCMやバラエティ番組で共演を重ねた2人は、今や近藤の父が嫉妬するくらい “本物の親子”のように仲良し。「ほとんど親子です!自分の父親より似ていますから」と言う近藤に、角野も「他人とは思えない感じがあった」と話すと、2人が並ぶ姿を初めて生で見た阿川も「なるほど。合点!合点!」と大興奮。

■12年前の初対面を振り返る
そんな2人の初対面は、今から12年前。「オールスター感謝祭」(TBS系)で共演することになった近藤が本番前に角野を訪ね「勝手にお名前を使わせていただいて申し訳ございません!」と挨拶したのだそう。近藤は「怒られたら即(ギャグを)やめようと思ってました」と当時を振り返る。また、“角野卓造じゃねぇよ!”ネタにまつわる秘話も披露。このギャグには、角野考案バージョンもあるそうで、角野渾身のギャグが明らかに。

そして、それぞれの過去について話題が及ぶと、人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)での中華食堂の主人を演じて30年の角野が、ラーメン店のお父さんになるまでの知られざる軌跡など、近藤も知らない話が飛び出す。

また、角野の青春時代のイケメン写真が登場するほか、角野流“おいしいお店を楽しむ極意”も紹介する。さらに、3月に5年間出演した朝の情報番組を卒業する近藤に、阿川が今後の野望を聞く場面も。