市川海老蔵主演の特別企画ドラマ「十三代目市川團十郎白猿襲名記念ドラマ特別企画『桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜』」が、3月26日(金)夜9時からフジテレビ系で放送されることが決定。織田信長の少年期・吉法師役を堀越勸玄、濃姫の少女期・帰蝶役を市川ぼたんが務めることが発表された。勸玄とぼたんはこれが初の映像作品となるため、今作が親子3人同じ映像作品で共演する初作品となる。

同作は2020年夏の放送が予定されていたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、海老蔵の市川團十郎白猿襲名披露公演が延期となったため、放送も延期に。コロナ禍はいまだ変わらない状況にあり、襲名披露公演の予定も決まっていないが、多くのエンターテインメント作品が中止を余儀なくされ、制約を受けるなど多大な打撃を受けている現状を鑑み、海老蔵とも協議の結果、襲名披露公演に先立って放送されることとなった。

物語は、今川義元の大軍を数的にはるかに劣る織田軍が打ち破り、日本史上最大の逆転劇とうたわれ、信長を戦国時代の主役に押し上げた「桶狭間の戦い」を題材とした本格時代劇。海老蔵が信長を演じるほか、今川義元役を三上博史、信長の正室・濃姫役を広瀬すず、堀田道空役を竹中直人、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)役を中尾明慶、信長の父・織田信秀役を北村一輝、柴田勝家役を松田龍平、信長の生母・土田御前役を黒木瞳、斎藤道三役を佐藤浩市が務めることが既に発表されている。

勸玄が演じる吉法師は父・信秀と尾張国・萬松寺で対峙するシーン、ぼたん演じる帰蝶は父である美濃の国主・道三との美濃・稲庭山城でのシーンに登場する。

二人の出演に関して海老蔵は、「今回の出演は自分たちに決めさせました。プロデューサーの方にどうするか聞かれて、自分たちで“やります”と伝えに行ったので、僕は受け入れただけです」とコメント。

二人の撮影は海老蔵が真剣なまなざしで見守る中で行われ、ぼたんの出演シーンでは何度かセリフの読み合わせのリハーサルを行い、時にアドバイスをする姿も。撮影後は「ちょっとアドバイスしたら、すごく良くなった」と、海老蔵は父親らしい笑顔に。勸玄のシーンでは、「モニターを通すとぐっと良くなる」と、こちらでも満足した様子を見せた。

■プロデュース・高井一郎氏コメント

撮影はもう1年前のことで、勸玄くん、ぼたんちゃんともまだまだ表情に幼さが残る頃でしたが、役衣装となって現場に入った時には立派な役者で、監督の指示や海老蔵さんのアドバイスを真剣に聞き、実践していく姿は既にプロフェッショナルでした。視聴者の心に残るとても良いシーンになったと思います。

余談になりますが、どちらの現場も海老蔵さんの出番はなかったのですが、撮影を見守る海老蔵さんは、時に父として、また厳しい師匠として、くるくると表情の変わるのがとても印象的でした。

■「桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜」あらすじ

1560年、清洲城。27歳の織田信長(市川海老蔵)が「敦盛」を舞っている。

同じ時、今川軍の先鋒・松平元康(後の徳川家康)は織田軍の砦の前で、その采配を振るう時を待っていた。駿河の総大将・今川義元(三上博史)が織田家の領地・尾張をわが物にするべく、2万の大軍をもって進攻してきたのだ。

前夜、今川軍に対し籠城策を訴える家老衆をあしらった信長は、翌早朝にたった5人の小姓を従えて清洲城から姿を消した。恐れをなして逃げたのだという生母・土田御前(黒木瞳)に対して、濃姫(広瀬すず)は決して逃げたりはしないと言い切り信長の身を案じる。

信長は木下藤吉郎(中尾明慶)ら信用できる者たちを動かし今川軍の情報を集め、義元が大高城に向かうのではなく、織田軍と戦う構えで桶狭間にいることを突き止めた。やがて、織田軍本陣に家老衆が軍勢と共に到着したが、その数は2千ほどで、今川軍との差は圧倒的だった。

2万VS2千。果たして信長はどんな戦略でこの大軍に立ち向かうのか。奇跡の戦いが今始まろうとしていた。