3月5日(金)に東京・テアトル新宿ほか全国公開される、井樫彩監督の映画「NO CALL NO LIFE」のW主演を務める優希美青と井上祐貴のインタビュー映像が解禁された。

壁井ユカコの同名小説(角川文庫刊)が原作の、ホリプロ60周年を記念して制作された本作で、衝撃の過去が明らかとなる難しい役どころの有海を演じた優希は、台本を読んだ時には自分の役どころがつかめなかったと語る。井樫監督には、「美青ちゃんが持っている闇の部分を表に出して、美青ちゃんのままでやってほしい」と言われ、本作で自分と向き合うことになったと明かしている。

今回が映画初主演となる井上は、自身が演じた春川について、壮絶な人生を歩んでいた春川が、有海と出会うことによって変わっていくと語っている。

そして、作品の見どころについては、優希、井上ともに、本作が描く有海と春川の恋愛模様についてと語っている。ただ、優希の女子目線、井上の男子目線で、見どころのチョイスに違いが見られる。

■映画「NO CALL NO LIFE」Story
高校3年生の夏、携帯電話に残された過去からの留守メッセージに導かれ、佐倉有海(優希美青)は、学校一の問題児の春川(井上祐貴)と出会い、恋に落ちた。

怖いものなんて何もなかった。明日、地球に隕石が衝突して、世界中の人類が滅んで、ふたりきりになったって、困ることは何もないような気がした。無敵になった気分だった。それは、あまりにもつたなく、せつな的で欠陥だらけの恋だった。

そして、時を越えた留守電の真相が明かされるとき、有海の衝撃の過去が浮かび上がるのだった。