「映画 きかんしゃトーマス おいでよ!未来の発明ショー!」(3月26日[金]公開)の公開アフレコイベントが2月8日に都内で行われ、賀来賢人と後藤淳平(ジャルジャル)が登場した。

11年ぶりの日本生まれの新キャラクターで、世界最速の超特急・ケンジ役の賀来は「ライオン・キング」(2019年)でのシンバ役に続いて2作目のアフレコ。第二子誕生という喜ばしいニュースも飛び込んだことが紹介されると「ありがとうございます!」と笑顔を見せる。

一方、悪だくみの仲間ながらも本当はみんなの役に立ちたいと願う機関車・サニー役の後藤は、本作が初の声優ということで「サニー役のジャルジャル後藤淳平です。『きかんしゃトーマス』は僕も通ってきていますし、うちの子どもも通ってますので、二世代でお世話になっているトーマスのアフレコに参加させていただいて幸せです!」と気合十分。

2人は今回が初対面ということで、「僕が20歳くらいのころからテレビで活躍されていたのを拝見していたので、はじめましての感じがしないですね! 親近感を感じます」(賀来)、「僕も『今日から俺は!!』など、ドラマや映画で拝見していて、子どもも大ファンなんです。僕がトーマスに出演することと同じくらい、賀来さんとパパが一緒に仕事をするということに超テンションが上がっていました」(後藤)と、互いの印象を明かす。

その後、アフレコに臨んだ賀来は、印象的なビジュアルにイケボなケンジを、見事な声の演技で表現。後藤は、悪だくみの仲間ながら憎めないサニーのキャラクターを巧みに表現し、アフレコ初とは思えない演技力で会場を魅了した。

アフレコが終わると質疑応答へ。オファーを受けたときの気持ちを問われ、賀来は「小さいころからトーマスを見て育ちましたし、子どもが生まれてまたトーマスを見る機会が増えた矢先に、日本から来た超特急ケンジ役のオファーを頂きました。僕の顔もケンジに似ていて、見れば見るほど運命なんじゃないかな?と思い、オファーを受けさせていただきました。眉毛が似ているのかな? すごく親近感があります」と喜びをあらわに。

後藤も「僕も家族から『パパとサニーは似ている』と言われていたんですけど、役に顔が寄ってくるんですかね? トーマスは親子二世代で通ってきているので、お話頂いたときはぜひやらしてください!と、うれしかったです」と話す。

また、ケンジを演じることについて「僕の兄の子どもがちょうどトーマスにドハマりしていたり、お子さんがいらっしゃるご家庭の方から絶対に見にいくという声を頂きました」と、周りの反響も大きかったことを明かす賀来。

後藤も「子どもがすごく喜んでくれました。『きかんしゃトーマス』シリーズにパパが出演するということは、なかなかすごいことなので、家の中でのポイントも上がったと思いますし、リスペクトのまなざしを感じています」と、少しおどけて家庭での様子を語る。

そして、アフレコを振り返り賀来は「普段は自分の体や表情に加えて声を演じますが、(アフレコは声だけなので)やっぱり難しかったし、自分の声を録音して聞かせていただくと、すごく変な感じがしました。

演じていくうちに、だんだんケンジのキャラクターになじんできましたが、プロの声優さんの声を聞くとすごい技術だなと感心します。僕も、もっと声優のお仕事を経験して、レベルアップしたいです!」とコメント。

後藤は「僕は初めてだったので、声色はどういう感じがいいんだろうと、家でいろいろな声を出して練習していました。僕が映像を止めながら繰り返し練習をしている横で、子どもたちは物語にのめり込んでいて『止めんといて!』とか言われました(笑)。

結果的に自然な自分の声がいいだろうと思って、“機関車”のキャラクターなんですけど人間くさく演じさせていただきました。サニーは共感できる部分が多いので、気持ちが入りやすかったです」と、役作りについて話す。

ケンジとサニー、それぞれの役について「ケンジがトラブルに巻き込まれて焦り出すシーンが、叫んだりパニックになったり、お芝居の面でとても大変でした。映画のキモにもなっているので注目して見ていただきたいです」(賀来)、「サニーは悪だくみをしている人に振り回されたり、裏切られたりとつらいシーンもありますが、こういうこと人間でもあるあるだなあと思いますし、それでも徐々に周りの信頼を勝ち取っていく様を見てほしいです」(後藤)と見どころを紹介。

最後に、賀来は「『きかんしゃトーマス』では仲間と助け合ったり、日本からケンジもよそ者とせず、みんなすぐに受け入れます。仲間を大切にしたり、人を受け入れる気持ちなど、大事なことを僕も学んだ気がするので、映画館に来てくださったお子さんたちにも作品を楽しみつつ、こういうことも受け取ってくれたらうれしいです。子どもと一緒に映画館は1回くらいしか行けていないので、次に映画館で見る映画はこの作品で決まりかなと思います!」とコメント。

後藤は「サニーみたいに多少失敗をしても、自分が頑張ることで周りの信頼も取り戻せるし、やり直せるよというメッセージを受け取ってほしいです。また、『きかんしゃトーマス』シリーズはキャラクターが多いので、この機関車はあいつっぽいなと、誰かと照らし合わせて見るのも楽しいと思います! 僕も家族で絶対見にいきます。スクリーンから自分の声が流れているのを聞きたいし、子どもにもパパの声を聞かせたいです!」と熱く語り、イベントは終了した。

■「映画 きかんしゃトーマス おいでよ!未来の発明ショー!」ものがたり

“未来の発明ショー”が開かれ、世界中の発明家たちがソドー島に大集合。日本からきた世界最速のケンジや、怪しい2人組を乗せたサニーもやってくる。

発明家のルースから、「機関車は史上サイコーの発明よ」とほめられたトーマスは、ショーを盛り上げようと大活躍。

ところが、ダンスする巨大ロボットや、自動ミルクシェイクマシーンにワクワクしている間に、空飛ぶ車の設計図が盗まれてしまう。