上川隆也主演の木曜ミステリー「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の第5話が、2月11日(木)に放送。第5話では、糸村聡(上川)ら特別捜査対策室のメンバーが、脅迫状を持った男が殺害された事件の謎を追う。

<「遺留捜査」第5話あらすじ>

雨宮宏(永井大)がランニング中、男性の撲殺死体を発見。臨場した糸村(上川)は、被害者のカバンから1枚の紙を見つける。そこには、雑誌を切り抜いた文字で「“京都名所マラソン”を中止しろ。中止しなければ多くの人間が死ぬことになる」と記されていた。

1週間後に開催される京都名所マラソンは “京都のトランプ”とやゆされる“ホテル王”倉持俊(冨家規政)が主催する一大イベントで、実は雨宮も参加予定だった。

糸村はまた、被害者のポケットから巾着袋を発見。中には直径15cmほどの輪状にしたひもが入っており、興味を抱いた糸村はその輪っかがいったい何なのか、捜査を始める。

間もなく遺体の身元が21年前、強盗目的で女子大学生を殺害した前科のある稲葉祐介(長谷川朝晴)と判明。さらに先月、マラソン事務局に同様の脅迫状が届き、直後、コースの一角で爆破騒ぎが起きていたことが分かる。 

そんな中、是が非でもマラソンを開催したい倉持が自ら特対に現れ、事件を公にするなとけん制する。脅しに屈せず、倉持と稲葉の関係を調べ始めた特対メンバーは、倉持の妻で元人気アナウンサーの碧(霧島れいか)の現在の様子を知って衝撃を受ける。 

WEBザテレビジョンでは、毎週木曜のドラマ放送日の掲載で、上川の“おすすめエンタメ”にまつわるエピソードと共にストーリーを紹介する連載企画「遺留メモ・令和版」を展開中。第5回となる今回は、普段よく聴く音楽について聞いてみた。

――普段、どんな音楽を聴くことが多いですか?

歌詞がある曲も好きなんですけど、純粋にBGMとして楽しめる曲もよく聴いています。

最近ですと、トーマス・バーガーセンさんやR.Armando morabitoさんというアーティストの曲。

どちらも共通しているのは叙情的で壮大であるということ。ロケの移動などで聴くにしても、ちょっと耳がうれしいんです。

さまざまな音色を重ねて曲として仕立て上げるような壮大な世界観が魅力的な、シンセサイザーを中心としたシンフォニックミュージックという言い方が一番正しいのかも知れません。

◆取材・文=月山武桜