グラビアを中心に活躍中のタレント緒方咲が、1月25日に10枚目となるDVD「向かいの部屋に住むお姉さんのカラダに目が釘付け」(エアーコントロール)を発売。東京・ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館でリリースイベントを開催し、囲み取材に応じた。

昨年10月頃に、都内のスタジオなどで撮影された本作。緒方は「10枚目ということで気合を入れて頑張りました!今回はこのタイトルのように、『向かいの部屋に住むお姉さんのカラダに目が釘付け』という…タイトル長いですよね(笑)。

私も覚えるのが大変なんですけど(笑)、この名の通り、向かいの部屋のお姉さん役で、撮影自体も向かいの窓同士で撮影したので、もしかしたら現実にあるような…それを楽しめるようなストーリーになってます。かなりリアリティーがあるので、男の方なら一度は妄想したことがあるようなことがいろいろ起きちゃっていると思います」と、全体的な展開を紹介した。


■乗馬のエクササイズ

「私が一番衝撃的だったシーンが、白い衣装なんですけど。初めて乗馬のエクササイズの機械に乗ったんですよ。最初はすごくゆっくりだったんですけど、だんだん激しくなってきちゃって(笑)、白い衣装もちょっと破けてきちゃって、若干トラブったんですけど、なんとか撮影することができました。そのシーンが入っているかは見てのお楽しみです(笑)。探してみてください(笑)」と、意外なシーンをアピールした。

また一番お気に入りのシーンについては「どれもいろんなフェティシズムがあってお気に入りなんですけど、でもジャケット写真は、ファンの方にめちゃめちゃ好評で、すごいボディーラインなので、めちゃめちゃ見えてて、超はずいんですよ。

なんですけど、この衣装を使って、めちゃめちゃたっぷりローションを掛けまくって(笑)、本当にぬるぬるで、体がすごいことになっちゃって、そこがお気に入りというか、オススメかなと思います」とジャケットカットを提示していた。