4人組ガールズグループの東京女子流が、2020年5月5日からスタートしたメジャーデビュー10周年イヤーのクライマックス、また11周年目に向けたスタートダッシュでもある、新曲「Hello, Goodbye」を2月10日にリリースした。

今作は「思いを寄せるあの人に、とっておきの花束を」がテーマで、“好き”という思いをふんだんに込めたラブソングとなっている。「あなたが好きよ」「もっと近くに行っていいかな」という歌詞は、10周年イヤーにもかかわらず、コロナによる影響で直接ファンへ思いを伝えられない状況下だからこそ込められた、ダイレクトなメッセージだ。サウンドはカントリー調を基本に、華やかなストリングスが合わさったJ-popで、メンバーひとりひとりを花束に見立てられたカラフルなビジュアルとも相まって、春を先取りする作品となっている。

その「Hello, Goodbye」のミュージックビデオが、2月10日夜7時にプレミア公開される予定だ。

そして、プロデューサーのChocoholicを迎えたエレクトロなカップリング曲「ワ.ガ.マ.マ.」は、東京女子流ではほぼ初、といっても過言ではないロング・ラップに挑戦した一曲で、ダイレクトな思いを伝える「Hello, Goodbye」とは対照的に、内側に秘めた恋心と対峙した作品へと仕上がった。タイトルにそって、歌詞も「うるさいうるさいうるさいうるさい」など、かわいいワガママが散りばめられた新しい曲となっている。

■プロデューサーChocoholicコメント
東京女子流さんとのレコーディングとても楽しかったです! 良い曲を作るマインドで一緒に曲が作れてうれしかったです! リリースおめでとうございます!