2月11日に全国公開した役所広司主演の映画「すばらしき世界」のメーキングが解禁され、長澤まさみが、共演の仲野太賀に絶大な信頼を抱いていることを明かした。さらに、本編新映像も到着した。

同作は西川美和監督が、初めて実在の人物をモデルとした小説「身分帳」を基に、その舞台を約35年後の現代に置き換え、脚本・映画化に挑んだ作品。生きづらい社会の中で、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して「社会」と「人間」の“今”をえぐる作品に仕上がっている。

役所演じる三上正夫は、見た目はこわもてで、カッと頭に血が上りやすい性格だが、真っすぐなくらい優しく、困っている人を放っておけない男。しかし彼は人生の大半を刑務所で過ごしてきた前科者の過去を持っていた。そんな三上をテレビ番組のネタにしようとすり寄るテレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)。言葉巧みにそそのかし、テレビ番組に出演させようと画策する。

■長澤まさみ「絶大なる信頼が太賀くんにはある」

メーキング映像には、13年ぶりに出所した三上正夫を番組のネタにしようと画策するやり手のTVプロデューサー・吉澤を演じた長澤の姿が。「役所さんと共演できる機会が、まさかあるとは思わなかったから…うれしかったです」と緊張しながら臨んだ撮影について、西川監督に本音を打ち明ける。

さらに西川監督から、津乃田を演じた仲野とのシーンは息が合っていて良かったと言われると、長澤は「絶大なる信頼が太賀くんにはあるから。それで(吉澤という役が)できるかなと思えた、いなかったらできなかったかも(笑)」と、仲野との共演を喜んだ。

役所との共演に緊張する長澤の姿を見て驚いた、と何度も共演を重ね間近で長澤を見てきた仲野が後に語るほどだが、そんな2人だからこそ生まれた空気感も見どころの一つになっているという。

■刺長澤まさみ“吉澤”が、激的な役所広司“三上”の姿を見つめる!

本編映像では、暗がりの部屋で、津乃田が撮ってきた密着映像の一部を真剣に見つめる吉澤の姿が。極道の世界に身を置き、再犯を重ねてきた三上に対して津乃田は「悪いことしてるって感覚ないんですか?」と質問。すると一拍置く様子もなく「ないねぇ。あんたも、誰かが褒めてくれる場所におりたかろう?」と、答える三上。

吉澤は、一般論を軽々と飛び越え常軌を逸する人物であろう刺激的な三上の姿を見つめ、「もう最高じゃん…!!」と不敵な笑みを浮かべ、意味ありげに津乃田の膝にそっと手を置く。吉澤のそんな行動に困惑する津乃田。そんな津乃田が、吉澤の表情を読み取ろうとするも視線は一切合わず、曖昧な空気感が漂う。

作家を志しテレビの制作会社を辞めたものの食いぶちのない津乃田を利用する吉澤は、自身の強みを認識し、賢く強かな才色兼備の切れ者。この後、三上にも物おじすることなく会いに行き、くせ者の三上をも手玉に取ってしまう。

第一線を走り続ける長澤だが、西川監督によってまだ見ぬ新たな一面が見事に引き出されているという。

■映画「すばらしき世界」ストーリー

下町の片隅で暮らす短気ですぐカッとなる三上(役所広司)は、こわもての見た目に反して、優しくて真っすぐすぎて困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で暮らした元殺人犯だった。

一度社会のレールを外れるも何とか再生しようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)がすり寄りネタにしようともくろむ。しかし三上の過去と今を追ううちに、思いもよらないものを目撃していく。