CS放送・TBSチャンネル1では、2月27日(土)より乃木坂46の新番組「乃木坂お試し中」(毎月最終土曜夜11:00-11:30)がスタート。また、その前日の26日(金)に、2020年12月に行われた「乃木坂46 アンダーライブ2020」(夜10:00-終了時間未定)が放送されることも決定した(※3日間のどの公演が放送されるかは現在未定)。

「乃木坂お試し中」は、寺田蘭世と鈴木拓(ドランクドラゴン)がMCを務め、毎回乃木坂46メンバーがさまざまな“お試し企画”を通して、仕事につながる新たな才能を発掘していくバラエティー。初回(2月27日[土]放送)と第2回(3月放送予定)には、和田まあや、伊藤純奈、渡辺みり愛、吉田綾乃クリスティーが“お試しガールズ”として登場し、それぞれがやってみたい企画を提案。さらに、番組スタッフが事前に用意した企画に体当たりで挑戦する。

収録後にはMCの寺田と鈴木の囲み取材が行われ、寺田が目指す新しいMC像や鈴木が出現を待望する“スーパースター”の存在などについて語った。

■収録を終えて…「普通に驚いてます」(鈴木)

――最初の収録を終えて、今の感想はいかがですか?

寺田:ちゃんとしたMCを任されるのは初めてで、2期生として乃木坂に加入して7年以上たつんですけど、ちょっと変わった性格って言われてきて、正直MCっていうのはもっとお堅い、頭の良い方がやるってイメージだったので、どうなのかな?っていう不安があります。日本のバラエティーって「○○○!(番組名をコールして) イェーイ!」みたいな定番があるじゃないですか、そういうのを変えられるようなMCになってみたいなと思っています。

鈴木:蘭世ちゃんもそうですけど、乃木坂の人たちってみんなシュッとして見えるんですけど、ぐっとフィーチャーしてみると、みんなの個性がすごかったです。確かに完璧ではないかもしれないですけど、個性がそれぞれ形になっていた。みんなのいろいろな味が出ていて、普通に驚いてます。何年か一緒にやってるディレクターさんもいたんですけど、純粋に「すごい人たちだな」って思ってると思いますよ。

「のぎえいご」(2015年〜2021年1月TBSチャンネル1)の時もそうだったんですけど、全体で見るとおしとやかで、色がないように見えるかと思ったら、ちゃんとみんなの色がはっきり出ていて。得意分野がしっかりできているというか、エキスパートの人たちだなって。今日はそれが色濃く出たと思うので、オンエアを楽しみにしていただければと思います。

――収録前は不安などありましたか?

鈴木:こんなこと言うのはあれですけど、不安でした(笑)。大丈夫かな?と。和田ちゃんは知ってたんですけど。乃木坂のメンバーって、だんだんやっていくうちにじんわり味が出てきて、こういう子だって分かってくることが多いんですけど、今日は最初から色が分かれていて、ちょっとこれ面白いなって感じましたね。

――最初の収録ということでさまざまな企画の“お試し”をしましたが、お二人が手応えを感じた企画はありましたか?

鈴木:初めに台本を見たときに、どのコーナーもハイカロリーだなって思ったんですよ。芸人がやるような企画ばっかりで。

寺田:むちゃぶりでしたからね。

鈴木:基本的に“むちゃぶりに彼女たちが困る”っていう図式だったと思うんです。俺は「何だよそれ!」って言い過ぎて嫌な感じが出ないように、やんわりいい感じでいこうかと思ってたんですけど、そんな心配も必要なく、みんな(予想を)超えてきたので良かったですね。1発目からこんなに出せるんだと思ってびっくりしました。“あるある”だけ何かふにゃっとしましたけど(笑)。

寺田:私は伊藤純奈の“ラップ”が一番インパクトありました。乃木坂メンバーって、バラエティーに出させていただくことも多いし、後輩の番組でコントをやっていたり、初期にバラエティーの洗礼を受けたりはしたんですけど、ラップはやったことがなかったので。「これ振られたらどうしよう…」って思いながら見てました。

鈴木:くそー、振ればよかったな(笑)。

■寺田「これが今日のハイライトです(笑)」

――寺田さんが先ほど言っていた新しいMCの形について、もう少し具体的に教えてもらえますでしょうか。

寺田:各国にそういう文化はあると思うんですけど、日本のバラエティーにも“お決まり”ってあるじゃないですか。私はマツコ(デラックス)さんを見て「テレビ面白いな」って思ったんですけど、マツコさんは誰にでも寄り添えて自分の色もあるのに、“お決まり”をあまりやるイメージがないので、私もそういうふうになれたらいいなって。テレビ離れと言われている同世代に刺さるような、ちょっと変わったジャンルを切り開いていければいいなと思っています。

――今の話を聞いて鈴木さんはいかがですか?

鈴木:確かに「○○のコーナー!」っていうのは、本当にテレビだけのものかもしれないですよね。YouTuberにも中にはやってる人はいるでしょうけど。(収録で)僕は「次は○○のコーナー!」って言ったんですよ、基本はこうするんだよって。そうしたら、今までにない形をやりたいって言われて、僕は何も思っていなかったんですけど、後ろのスタッフさんたちが苦笑してたのは見えました(笑)。でも、本人に「これをやりたい」という意思があるというのはすごく大きいので、なるべくそっちの方向に行きたいですね。できるかどうかは分からないですけど。

にもかかわらず、目指しているのがマツコさんっていうね(笑)。ちょっと何かアレ?って…まあマツコさんも今までにない形でしたからね。だから、蘭世ちゃんの意思はなるべくサポートしてあげられたらなと。だから、もっと言えば…そうですね、マツコさんすごいですね(笑)。あんまり言うと、イジってるみたいになるからやめておこうかな(笑)。

俺は目立たなくていいんですよ。だからこういう役に選ばれたりするんでしょうけど。この番組が発展するんだったら最終的にはクビになってもしょうがないって、本当に思ってます。それぐらい誰かを持ち上げたいというか、そういう性格なので、基本的には蘭世ちゃんをサポートできればなと。“お試しガールズ”をスターにしたいっていうのも、本当に思っています。あんまり僕が信念のない人間で、「こうだ!」って言われたら「そうだ!」って、平気で黒を白と言える人間なので。

寺田:それはダメですよ? 一緒に頑張りましょう。

鈴木:(笑)。ぜひぜひ。

寺田:お願いいたします。

鈴木:仲良くしてね〜。(※収録中に生まれたノリ)

寺田:仲良くしてくださいね〜。

二人:(笑)。

寺田:これが今日のハイライトです(笑)。

――今の鈴木さんの思いを聞いて、寺田さんはどう思いましたか?

寺田:本当に、優しく言ってくださると逆に困っちゃう…(笑)。サポート側っておっしゃってましたけどそんなこと言わずに、私もいろいろ吸収する側だから、おこがましいんですけど、一緒にスターになりましょう!みたいな感じです(笑)。

鈴木:基本的に俺は寄生虫みたいなものだから。

寺田:やめてください、そんな寄生虫とか言わず、一緒に同じ人間として…。

鈴木:いや、人間だとは思ってるよ!(笑)

寺田:今日のみり愛と同じこと言っちゃいました(笑)。

鈴木:「(例え話に)人間じゃないんですか?」ってね(笑)。

■鈴木「おバカからのスーパースターを生みだしたい」

――収録前の事前取材では、寺田さんから「2期生で何かやりたい」というコメントもありましたが、具体的に何かアイデアはありますか?

寺田:2期生って乃木坂の中では“クール”や“カッコイイ”っていうのをテーマにすることが多くて、自分たちのゆるい部分、それこそアイドルらしくわちゃわちゃすることをあまり経験することがなかったんです。なので、よく2期生同士で話すのが、今の時期は難しいと思うんですけど、合宿所みたいなところで定点カメラを置いてもらって、本当に素を、プライベートな感じを撮ってもらいたいです。

それこそ今日いた渡辺みり愛はすごく人見知りで、メンバーにしかなかなか素を出さないんですけど、そういう企画があったら新しい魅力が伝わるんじゃないかなって。そういう話は結構昔からしていて、こういう機会を頂けたので、ぜひできたらいいなって思います。

――この番組は仕事につながることを試していこうというテーマですが、鈴木さんはアイドルと仕事をする芸人として、こういう人がいてくれたらいいのになって思うことはありますか?

鈴木:達者な人は多いので、やっぱり一時代を築いた“おバカ”ですね。今、おバカっていないじゃないですか。いるんだけど、表面に出てきづらいというか。(島田)紳助さんの頃の「クイズ!ヘキサゴンII」(2005年〜2011年フジテレビ系)を俺は追ってるのかもしれないですね。

おバカからのスーパースター、そういう人を生みだしたいですね。最近いないですよね。やっぱりおバカな人たちがガッといって、気が付いたらおバカの方向からみんなをハッピーにさせて、スーパースターにするっていうのができれば…。

寺田:向いてるかもですね。

鈴木:ね、おバカだもんね?(笑)

寺田:じゃあ良いペアということで頑張っていきましょう。

鈴木:仲良くしてね〜(笑)。

寺田:お願いいたします(笑)。