菅野美穂主演ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第5話が2月10日に放送された。オタク気質の空(浜辺美波)と恋愛体質の“サリー”こと沙織(福原遥)が友情を結ぶシーンも話題を集め、「#ウチカレ」がTwitterでトレンド入りするなど大反響となった。(以下、ネタバレがあります)

■「信用できる女も、いると思うよ?」

“ウチカレ”こと「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、脚本家・北川悦吏子によるエキサイティング・ラブストーリー。恋愛小説家で天然キャラの母・碧と、しっかり者で“陰キャ”なオタク娘・空(浜辺美波)のトモダチ母娘が“恋”に奮闘する姿をコミカルに描く。

第5話では、空にとっての“おじいちゃんみたいな存在”、鯛焼き屋「おだや」の三代目・俊一郎(中村雅俊)に彼女ができた、という衝撃のエピソードが描かれた。その彼女とは、なんと碧の担当編集者・漱石(川上洋平)と付き合っていたはずの沙織だった。

交際宣言の後、連れ立ってカフェにやってきた空と沙織。「(漱石には)言わないで!私からちゃんと話すから」と頼み込む沙織に空が「でも、どうして?あんなに(漱石のことが)好きだったのに」と尋ねると、沙織は「私、幸せになりたいんだ」と素直な思いを語りはじめた。

「漱石といるとストーカーみたいになって、苦しくなるばかりだった。そんなの幸せな恋じゃない」という沙織。「でも、俊一郎さんといるとき、苦しくならないんだよね」とほほ笑んだ。

沙織が人間関係で苦労してきた背景には、生い立ちへのコンプレックスがあった。「小さい頃から一度も、母が私のこと好きだなぁ、愛されてるなぁって感じたことない」「私は、女の人は信用できない」と心の闇を垣間見せた沙織。空が「信用しなよ。信用できる女も、いると思うよ?」と語りかけ、ふたりは“友だち”になった。

■「漱石どうなるの!?」衝撃ラストにも反響

空と沙織の本音の交流は、視聴者の心もとらえた。視聴者からは「サリーのセリフが今の自分に刺さりすぎてつらい」「空がサリーちゃんに信用しなよって言うシーンにぐっときた」「なんて優しい世界。癒される…」といった声が上がり、演じる2人にも「浜辺美波ちゃんと福原遥ちゃんの絡み、神々しい!」「この2人が友達っていう世界線最強」と反響が続々。ドラマ放送後には「#ウチカレ」がTwitterの国内トレンドトップ2圏内まで浮上する勢いを見せた。

終盤では、風邪をひいてフラフラな状態の漱石が交通事故を起こすかのような衝撃の展開が待ち受け、視聴者からは「漱石どうなるの!?」「気になってしかたない」など心配の声が上がっていた。

第5話は「TVer」で1週間無料視聴できるほか、「Hulu」では全話配信中。

第6話は2月17日(水)に放送する。沙織から突然の別れを告げられ車を飛ばした漱石。電話で異変に気付いた碧は病院へ駆けつける。空は渉(東啓介)との順調な交際に浮かれる一方で、将来親離れすることにセンチメンタルな気持ちを抱いていた。

そして光(岡田健史)は、碧と空の血液型が親子ではありえない組み合わせであることが気にかかり、さりげなくおだやで探りを入れる。そして、何かを察した俊一郎と酒を交わす。