優希美青、井上祐貴W主演、壁井ユカコ原作(角川文庫刊)、井樫彩監督、ホリプロ60周年記念映画「NO CALL NO LIFE」に高校生役で出演する小西桜子と山田愛奈が、撮影終了直後に撮り下ろしたインタビュー映像が解禁された。

高校3年生の主人公の有海(優希)と同じ高校に通う日野由希奈を演じた小西と、高木サチコを演じた山田は、アドリブも自然にできたというほど、等身大の高校生役を楽しんだ様子が収録されている。

山田は、カメラが回っている時も回っていない時も、同じような感じだったと現場の感想を明かし、小西は、本作の見どころについて「映像が、絶対すてきだろうなって思います」と語っている。

また、劇中で小西が演じる日野は、優希演じる有海との恋のライバル関係となる要素もあり、二人の恋の行方の胸キュンシーンも盛り込まれている。
■映画「NO CALL NO LIFE」Story
高校3年生の夏、携帯電話に残された過去からの留守メッセージに導かれ、佐倉有海(優希美青)は、学校一の問題児の春川(井上祐貴)と出会い、恋に落ちる。

怖いものなんて何もなかった。明日、地球に隕石が衝突して、世界中の人類が滅んで、二人きりになったって、困ることは何もないような気がした。無敵になった気分だった。それは、あまりにもつたなく、せつな的で欠陥だらけの恋だった。

そして、時を越えた留守電の真相が明かされるとき、有海の衝撃の過去が浮かび上がるのだった。