2月14日深夜に放送された「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で、与田祐希の“創作物”に注目が集まった。

できて当たり前のさまざまなテーマで、乃木坂46の“底辺”を決める「最下位を回避せよ!TEIHEN」と題した企画の後編となった今回。この日最初のお題は「粘土で『カエル』を作れ」。星野みなみ、中村麗乃、与田祐希、金川紗耶、生田絵梨花が予選会で作った粘土のカエルがスタジオに登場した。

星野、中村に続き3人目に公開された与田のカエル。設楽統が箱を開けると、そこには水色をベースにしたボードの上に、泳いでいるかのようなカエルが姿を表した。ようやく理解した設楽は「ボードを水面にしたんだ!」と、そのセンスを絶賛。メンバーからも歓声が上がっていた。「これうまい!TEIHENってこういうの」と、星野、中村の作品を指差していた。

視聴者からは「素晴らしい!」「溢れ出る才能」「発想がすごい」「センスを感じます」「やけにリアル」など絶賛の声が多数。ただその一方、“絵心対決”でのラクダの絵が衝撃的だったようで「カエルは良かったのに…」「与田ちゃんのラクダ怖え」「ラクダはやばい」などのメッセージが多く寄せられていた。「乃木坂工事中」、次回は2月21日(日)深夜0時から放送予定。