AKB48チーム8青森県代表・横山結衣が、初めての写真集「未熟な光」(玄光社)を20歳の誕生日となる2月22日(月)に発売する。

「あまりソロでのグラビアは経験がない」という横山。地元・青森で撮影された同写真集には、ういういしさを見せながらはにかむ制服カット、実家への里帰り風の帰省スタイル、キュート&ポップな“らしさ”満載の銭湯カットや水着姿に加え、朝の幻想的な光の中での寝起きカット、強く妖艶なまなざしが印象的なしっとりスタイルでのランジェリーなども収録されている。

また、ソロ撮り下ろしとして水着、ランジェリーショットは初解禁。横山が見せる自然体と笑顔、そしてダンスによって鍛え抜かれた抜群のプロポーションも見どころ。19歳という大人と子供のはざま、「今この瞬間にしか見ることができない」繊細で揺れ動く感情、素顔が切り取られた一冊となっている。

発売を直前に控えた横山に、発売を迎える心境や20歳の抱負、今後の目標などを聞いた。

■地元での撮影は「不思議な感覚」

――初めての写真集がいよいよ発売されます。

本当に完成したんだなぁって。楽しみです。

――写真集発売を聞いた時の心境は?

チーム8の6周年記念配信中にサプライズで知ったんです。チーム8のほとんどのメンバーが自宅から配信をしていて、私も自宅にいたんですが、すごく驚きました。この気持ちを誰かに…どう表したらいいんだろう?って思って。本当にビックリしました。

――撮影は青森が中心だったそうですね。

私が「青森県で撮りたい!」って…言ったみたいです(笑)。以前、別の撮影をした時のインタビューで「写真集をやってみたい」「地元の青森かな」と言っていたみたいで。

――地元での撮影はいかがでしたか?

行ったことのある場所も結構多かったので、そこで改めて私の写真を撮っていただくのは不思議な感覚でした。

でも、地元ならではの私の表情もたくさんあったんじゃないかなって。そういうところもぜひ見ていただきたいです。

それと、この写真集を通してさらに青森の魅力とか、見てくれた人が「青森に行ってみたいな」と思ってくれたらうれしいです。

■初のランジェリー撮影は「見せ方を知らないまま…」

――発売前に重版が決まりました。そして、限定版は即完売だったそうですね。

うれしいです! 限定版は表紙が服を着てないショットなので…いや、着ているんですけど(笑)、大人っぽく見える私のショットになっています。通常版の方はセーラー服で、限定版の方は大人っぽい私が表紙で、メンバーやファンの方からは、限定版の方も「すごくかわいいね」と褒めてもらえました。

――確かに大人っぽい写真も多数掲載されています。撮影中は意識しましたか?

…はい(笑)。テーマは「横山結衣のルーツをたどる」みたいな作品になっていまして、素の私だったり、20歳前の今しか出せない幼い私、ちょっと背伸びをして色気を出そうと頑張っている私などが見られる一冊になっていると思います。

――ランジェリーでの撮影も初挑戦ですね。

緊張しました。水着の撮影も今回が2回目だったので、そういう自分の見せ方を知らないまま撮っていただいたんです。「大丈夫だろうか?」と思いながら撮っていただいたんですけど、すごくドキドキしながら撮影に臨んでいました。

グラビア自体があまり経験なくて、一人で撮っていただいたのは本当に少なくて。なので、すごい不思議な感じでしたね。

――自然体な表情が収められているます。

撮影中、スタッフの皆さんが「すごくいいぞ!」と盛り上げてくださったので、私もその気になって(笑)。でも、本当に一人でグラビアを撮っていただいたことが少なかったので、「どの私がいいんだろう?」ってずっと考えながら撮ってもらっていました。

撮影した一日の終わりに撮った写真を見せていただくんですが、「あぁ、こうやって撮れているんだ」って。すごくいっぱい撮っていただいていて、本当にありがたいです。

――お気に入りカットを教えてください。

麦わら帽子を被った、正面を向いた写真です。私は自分の横顔の方が好きなんですけど、これは久しぶりに正面から見て「あ、悪くないな」って(笑)。横顔だとベレー帽を被ったのが「横顔だぞ!」という写真で、これもお気に入りですね。

――撮影中にハプニングなどありましたか?

いっぱいあります! 撮影は夏ごろでしたが、青森の夏は全然夏じゃなくて、めちゃくちゃ寒かったんです。それで水着とか、花火をやっている時の衣装もすごく好きなんですけど薄くて…。それに、風がめちゃくちゃ強くて、花火の火が全然ついてくれないんです。

カメラマンさんがすてきに撮ってくれたのでいい感じになっているんですけど、実は(スタッフも含め)全員がガクガクになりながら(寒さに)耐えていました。

■横山結衣が語る“大人”とは?

――発売日が20歳の誕生日です。横山さんの考える“大人”とは?

いっぱいあるんですけど、難しいですよね。余裕がある人になりたいです。日々感謝できて、周りのことも見ながら、嫌なことばかりが見える人じゃなくて、日々ある幸せ、ありがたさをしっかり見ることができて、日々感謝を忘れず、伝えられる人になりたいです。それが大人かなって思います。

――では、今後の目標を教えてください。

やってみたいことはいっぱいあります。いっぱい舞台に立ちたいですし、ソロコンサートもやりたい。パフォーマンスをしているときが、好きな自分でいられるので。なので、たくさんステージに立ちたいなとも思いますし、やっぱりAKB48にいるので選抜になりたいという夢ももちろんあります。

今は舞台のお仕事をたくさんしてみたいです。まだ、それほど多くは舞台に立つことはできていませんが、同じパフォーマンス、エンターテインメントというくくりの中で、もっと舞台でいろんな人になってみたいなというのは、この数年ですごく思っています。

――プライベートで達成したいことはありますか?

もう少しで20歳になるんですけど、ラーメン屋さんに一人で行けなくて…。すごくラーメンが好きなんですけど、東京っていっぱいお店があるじゃないですか。行きたい所はいっぱいあるのに一人では行けないので、それを行けるようになりたいです。

――今後、グラビアのお仕事は?

やりたいですね。改めて写真を撮ってもらうことが好きなんだなって分かりました。今まではあまり経験がなくて、恥ずかしいなとか緊張するなと思っていたんですけど、もっと撮っていただきたいし、もっとできそうだなというのが今回の写真集を通して分かったので、これからもたくさんやりたいです。

――最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

私の初めての写真集です。10代最後の私ということで、幼さとか元気な私もあれば、10代の背伸びした私とかもいて、本当にいろんな横山結衣が見られる一冊だと思います。ボリュームもありますので、ぜひチェックしてみてください!