2月15日にワタナベエンターテインメント所属の芸人をはじめとする総勢339組640名の中から1番面白い芸人を決める「お笑いABEMA CUP〜ワタナベNo.1決定戦」が行われ、テレビ&ビデオエンターテインメント・ABEMAで生配信された。人気芸人をおさえ、結成1年目のお笑いトリオ・ゼンモンキーが優勝に輝いた。

今回大会は、ワタナベエンターテインメント所属の芸人に加え、フリーの芸人やアマチュアの学生などからも応募を募り、総勢339組640名が参加。決勝では、出場者10組が3ブロックに分かれ対決し、各ブロックの1位同士が最終決戦で激突。優勝賞金100万円と、「ABEMA」冠特番出演権をかけて白熱したお笑いバトルを繰り広げた。

各ブロックから最終決戦への駒を進めたのは、Aブロック・ゼンモンキー、Bブロック・ファイヤーサンダー、Cブロック・四千頭身の3組。それぞれ渾身のネタをAブロックの勝者から順に披露していった。

Aブロック・ゼンモンキーは、四千頭身と同年代。芸歴1年目ながら巧みなコント運びで、会場の笑いを誘い、審査員長のふかわりょうも「ここで名前を出していいかためらいますが、ハナコのコントを初めて見たときと同じ感動がありました。3人の個性の見せ方が素晴らしく、2021年のお笑いをやっていると思いました。必ず、ハナコを脅かす存在になると思います」と大絶賛。

次にネタを披露したのはBブロック・ファイヤーサンダー。『キングオブコント』で2年連続準決勝に進出、『ABCお笑いグランプリ2018』で優勝するなど、実力派コント師と名高い2人にふさわしいネタを披露し会場を沸かせる。

そして、優勝候補のAマッソを負かし、最終決勝に勝ち進んだCブロック・四千頭身も、ここに来て、ボケとツッコミの役割を入れ替える新たな姿を見せる本気のネタで、会場と審査員の笑いを誘った。

審査の結果、339組640人の頂点に輝いたのは、芸歴1年目のゼンモンキー。優勝後のインタビューで今の気持ちを聞かれたゼンモンキーのヤザキは「優勝するつもりだったので嬉しいです!」と自信満々に答え、むらまつは「めちゃくちゃ嬉しいです」、荻野は「今日はずっとふわふわしています…」と笑顔で答えた。そして、優勝賞金100万円の使い道について、ヤザキは「iPadが欲しい、(欲しいものが)荻野と被っちゃった(笑)」と答え、荻野も「最近YouTubeを始めたので、良い機材を買いたいです」と、今後の活動に意欲的に使っていきたいと語った。

生放送を観ていた視聴者からも「ゼンモンキーおめでとう!」、「1年目なのにあの安定感はすごい」と祝福と驚きの声が多く寄せられ、日本のTwitterトレンドでは、「#ゼンモンキー」がランクインするなど大きな反響を集めた。