2020年10〜12月に放送されたドラマを対象に開催した「第106回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」全8部門の結果を発表中。最優秀作品賞は赤楚衛二主演の木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京系ほか)が受賞した。同作は、豊田悠の同名漫画を原作に、ある日「触れた人の心が読める魔法」を手に入れたサラリーマンが、完璧イケメンの同僚からの好意に気付くというラブコメ。「BL好きでなくても自然と見られ、不器用な恋にキュンキュン」と読者から支持され、相手役の黒沢を演じた町田啓太も助演男優賞を受賞した。

主演男優賞に輝いたのは、連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)の窪田正孝。数々の名曲を世に送り出した作曲家・古山裕一役で、仲間とのコミカルな場面から戦争での苦悩まで見事に演じきった。その窪田と息の合ったやり取りを見せた裕一の妻・音役の二階堂ふみも助演女優賞を獲得している。

ほか同作からは、GReeeeNが歌った主題歌「星影のエール」がドラマソング賞、キャストの死去、話数減少などの危機を乗り越えた演出チーム(吉田照幸D、松園武大D、橋爪紳一朗D)が監督賞に選出された。

主演女優賞は、「この恋あたためますか」(TBS系)で連ドラ初主演を果たした森七菜。コンビニのスイーツ開発を手掛けることになる主人公・井上樹木を演じ、「かわいさと男っぽさのバランスが絶妙」と愛された。脚本賞は、「共演NG」(テレビ東京系ほか)で脚本・監督を兼ねた大根仁氏と、樋口卓治氏が受賞。「舞台裏のリアリティーはさすが。かつ爆笑できるセリフが満載」と称賛された。



【受賞一覧】

最優秀作品賞:木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」

主演男優賞:窪田正孝(「エール」)

主演女優賞:森七菜(「この恋あたためますか」)

助演男優賞:町田啓太(木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」)

助演女優賞:二階堂ふみ(「エール」)

脚本賞:大根仁氏、樋口卓治氏(「共演NG」)

監督賞:吉田照幸D、松園武大D、橋爪紳一朗D(「エール」)

ドラマソング賞:GReeeeN「星影のエール」(「エール」)