2月27日(土)放送の「MUSIC FAIR」(毎週土曜夜6:00-6:30、フジテレビ系)に、斉藤由貴、Kis-My-Ft2、森内寛樹、川崎鷹也が登場。それぞれが楽曲を披露する他、MCの仲間由紀恵、軽部真一アナと楽しいトークを繰り広げる。

デビュー35周年を迎えた斉藤が歌うのは、自身のデビュー曲である「卒業」。作詞・松本隆、作曲・筒美京平によって制作され、聞くだけで甘酸っぱい思い出がよみがえるような気持ちになる名曲を、今回は武部聡志による新アレンジで公開する。

トークには武部も登場し、35年前の思い出話や武部の仕事ぶりについて明かす。

Kis-My-Ft2は「Luv Bias」をパフォーマンス。ミディアムバラードの切ないラブソングをしっとり爽やかに歌い上げる。トークは卒業シーズンにちなんで、“卒業したいもの”について、個性あふれる回答で盛り上げる。

「MY FIRST STORY」のボーカル・Hiroとしても知られる森内は、今回ソロデビューアルバムとして発売した「Sing;est」に収められたMISIAの楽曲「アイノカタチ」を披露する。

森内は透明感あふれるハイトーンボイスで、MISIAが歌うオリジナル楽曲と同じキーで歌唱。トークでは「MUSIC FAIR」に50回以上も出演しているという父・森進一について語る。

そして2年半前に発売された楽曲がSNSをきっかけに話題を呼んでいる川崎が歌うのは、「魔法の絨毯」。愛する人に向けたラブソングをハスキーな歌声で歌い上げる。