上白石萌音主演の火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第6話が2月16日に放送された。主人公・奈未(上白石)を巡る恋が大きく動き、タイトルの略称「#ボス恋」がトレンド1位に。放送後も盛り上がり、ツイート数は11万を超える大反響となった。(以下、ネタバレがあります)

■潤之介「俺の彼女なんです、奈未ちゃん」

本作は、ファッション雑誌編集部を舞台にしたラブコメディー。「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで普通の幸せを手にしたい」という安定志向の奈未が、ドSな鬼編集長・麗子(菜々緒)や運命的な出会いをした子犬系男子でカメラマンの潤之介(玉森裕太)に振り回されながら、恋と仕事に懸命に立ち向かい、成長していく姿を描く。

前回の第5話で、奈未と潤之介の恋愛が順調に進むかと思いきや、ラストで奈未が仕事で知り合ったバイオリニスト・理緒(倉科カナ)が、潤之介が思いを寄せていた幼なじみだと知るという展開になった。

第6話では、理緒のことを聞くに聞けなかった奈未だったが、潤之介は奈未のアパートにやってきて当たり前のように泊まっていったり、自分の荷物を勝手に送り届けたり。そんななか、編集部で住所を聞いた理緒が奈未のアパートへ。対面したときのリアクションで奈未の恋の相手が潤之介だと気付いていた理緒は、「応援するから」と言うのだった。

その後、奈未の仕事現場に担当カメラマンとして現れた潤之介は、奈未の同僚の編集部員たちの前で「俺の彼女なんです」と言い、奈未は喜んだ。

奈未が喜びのあまり「心のスロー再生ボタン、押しちゃっていいですか」と、潤之介がその言葉をスローで言う空想が挟み込まれるというユニークな演出も話題になったが、視聴者の間にも幸せな思いが広がる場面となった。

しかし、その場には奈未の先輩編集者で、“ドS先輩”こと中沢(間宮祥太朗)もいて、奈未にひそかに思いを寄せている中沢は複雑な表情を見せて立ち去った。


■中沢「俺ならお前のこと泣かせない」

潤之介の彼女になって幸せな奈未だったが、その後、不穏な展開に。仕事に関することで麗子から感謝の言葉を初めて言われて喜んだ奈未が潤之介と2人分のケーキを買って帰る道中、偶然、潤之介と理緒が抱き合うところを見てしまった。

実は、理緒は局所性ジストニアを発症して手が思うように動かせずに、バイオリンの演奏に支障をきたすようになっていて、そのつらさから潤之介に頼り、潤之介も抱きしめてしまったのだった。

その経緯を知らない奈未はその足で編集部に行き、同僚の遥(久保田紗友)に「たぶん私じゃないんです、潤之介さんが思ってんのは」と打ち明け、涙を流した。

それを陰で見ていた中沢は、帰る途中に潤之介と遭遇。奈未のことを「もうちょっと気にかけてやったら」と言うも、潤之介に「関係ない」と返されると、「あんたがそんなんなら、俺、遠慮しないから」と告げた。

そして、中沢は編集部に戻ると、仕事をする奈未に「俺、お前のこと好きだわ」と告白。驚く奈未に、さらに「俺ならお前のこと泣かせない」と言った。

このストレートな告白に、“中沢担”という言葉も生まれるほど増えているファンからは「心臓バクバク」「まじ最高」「私なら迷わず中沢先輩」といった声が上がった。

前回に続いてタイトルの略称の「#ボス恋」がトレンド1位に輝いたのを始め、本作関連のワードが続々とトレンド入り。「ドS先輩」「中沢さん」「奈未ちゃん」「潤之介くん」といった役名や、キャスト名の「玉森裕太」「間宮くん」、さらには「スロー再生」に至るまで、奈未、潤之介、中沢を巡るさまざまなつぶやきで大盛り上がりとなった。

周囲が夢を持って生きる人々が多いと感じたなかで「夢はなくてもいい」と言ってくれた潤之介に惹かれていった奈未。それでも編集部で働きながら“夢を仕事にすること”に葛藤する奈未に、中沢は「仕事に意味つけてどうなる」「考え方なんて人それぞれなんだから答えなんか出るわけないだろ。いろんな考え方があっていろんなスタイルがあって、総じて仕事…でいいんじゃないの」とアドバイスした。

まさにスタイルの違う2人の男性を前に、奈未の心はどう動いていくのか。


■2月23日(火)放送 第7話あらすじ

「MIYAVI」廃刊の危機を迎え、麗子は奈未と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。

そんななか、奈未の家族が上京し、アパートにやってくるが、そこに潤之介もやってきて鉢合わせに。理緒と抱き合っているのを見てしまった奈未は潤之介と話すことを拒否し、母の真未(宮崎美子)も娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、追い返してしまう。

一方、中沢や遥ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子もある化粧品会社の磯部社長(近藤芳正)を訪ねるため、同じ場所に行くことになる。

再び潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを訪れると、困っている奈未の父・義郎(橋爪淳)と遭遇する。