綾野剛が主役を務める、山本英夫原作の漫画「ホムンクルス」の実写映画(4月2日[金]公開)のポスタービジュアルと予告映像が解禁された。また、常田大希(King Gnu)率いる気鋭の音楽集団・millennium parade(ミレニアムパレード)がメインテーマを担当することが分かった。millennium paradeは、映画「ヤクザと家族 The Family」に続き、綾野と2度目のタッグとなる。

監督は「呪怨」シリーズ、「犬鳴村」など、国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇。millennium paradeにも参加するermhoi、江崎文武が劇中音楽を担当する。

本作は、2003年〜2011年まで「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、累計発行部数400万部超えの同名漫画を実写化。記憶も社会的地位もなくした主人公が、頭蓋骨に穴を開ける禁断の実験「トレパネーション」を受ける。それ以来、男の左目には人間の心の歪みが異形として見えるようになり、自らの記憶に隠された衝撃の真実と共に狂った運命の歯車が動き出していくという、“人間の正体”がリアルに描かれる衝撃的サイコミステリー。

解禁されたポスターは、主人公の名越(綾野)が右手を隠しているという本作を象徴するビジュアル。予告映像では、millennium paradeが書き下ろしたメインテーマ「Trepanation」や、劇中音楽が収録されている。

さらに本作は、Netflixでの全世界独占配信が決定しており、劇場では4月2日(金)から7日間の期間限定で公開される。

■綾野剛コメント

ホムンクルスの驚愕の世界に迷い込んだ人間たちを、さらなる深淵に誘う猛毒を遥かに越える劇薬「Trepanation」が誕生しました。もはやmillennium paradeに限界は無いのか。ホムンクルスと作品マッチング純度100%のTrepanationを是非、映画館とNetflixで爆音体感してください。

■清水崇監督コメント

昨年1月、撮影中の歌舞伎町に常田さんがふらっと現れた。名越役・綾野君の紹介だった。恥ずかしながら紅白に出るアーティストとも知らず、僕は挨拶した。その飄々としながら自信に溢れた佇まいに、
自分の映画を「預けてみたい」と思えた。何故かはわからない。初めての事だった。

江埼さんやermhoiさんからの予想を裏切る楽曲にも舌を巻いた…凄ぇのが上がってきた。修正注文はほとんどせず、いい感じの映画が仕上がった。millennium paradeの「Trepanation」で始まる映画に痺れて欲しい。

■millennium parade・常田大希コメント

「repanation」というめちゃくちゃに格好良い曲を書き下ろしました。ホムンクルスの撮影にお邪魔した時に、偶然声をかけてきてくれたFriday Night Plansのマスミちゃん。今回そんな縁もあり、初めて一緒に音楽を奏でた訳ですが、こりゃあとんでもねえシンガーがおるもんだ、と驚愕。正に日本の宝です。そしてお馴染みブラザー綾野剛との2度目のタッグという訳で、まためちゃくちゃいい曲出来ちゃった訳で、まあなんて相性が良いのでしょうか。皆様公開をお楽しみに!

■ermhoiコメント

映画音楽はこれまで私にとって目標、そして野望でもありました。この素晴らしい原作をあの清水監督で再現する、そこに音を乗せられる。しかも文武との共作。なんて幸福な出来事なのだろうとずっと世界中に自慢して回りたかったのですが、ようやく解禁になりました!

ホムンクルスの登場人物の複雑な感情と、非現実的と現実が混ざり合う視覚情報とを繋ぎ合わせる、
“のり”のような役割ができていれば大変嬉しいです。 刺激的です!お楽しみください!

■江埼文武コメント

唯一無二の世界観を持つ作品と対峙すると、自分だけでは決してイメージすることの出来ない、特別な音と巡り逢うことが出来る。そんな感覚に包まれながらの作曲でした。映画化によって初めて可能になった、聴覚に向けた表現。音楽によって立ち現れる“第六感の世界”も楽しんで頂けますと幸いです。