2月16日放送の「チマタの噺」(テレビ東京系)に水川あさみがゲスト出演し、MCの笑福亭鶴瓶と大阪弁でフランクなトークを繰り広げた。

水川と鶴瓶は、番組冒頭から「あけましておめでとうやな」「ちゃんとお雑煮もしたん?」「したよ! でけへんと思いすぎ!」などと関西弁でやりとりを交わし、水川は鶴瓶のことを「もう親戚。親戚の人」と表現する。

その後、東京でたこ焼き店を営む大阪出身の親子のロケVTRがスタジオに流れ、水川と鶴瓶のトークも大阪の話題に。

大阪出身の水川は「みんな話盛るよね、大阪の人。面白くない話をしたら殺されるみたいな感じせえへん?(笑)」と笑い飛ばす。

鶴瓶は「盛る街なんやろな」と同意しつつ、小学生の孫も吉本新喜劇を見に行きたがっていることを明かす。

手に入りにくい新喜劇のチケットを後輩芸人に頼むのは気が引けるという鶴瓶だったが、水川から「やってもらったらいいやん。言ってあげよか?」と声を掛けられ、鶴瓶は「なんでやねん。なんでお前に…(笑)」と苦笑いを浮かべていた。

放送終了後のネット上では、「完全に親戚同士の会話」「実家のリビングみたいだった」「水川さんのこういう一面が大好き」といったメッセージが書き込まれていた。

次回の「チマタの噺」は2月23日(火)放送予定。