3月12日(金)公開の映画「すくってごらん」のテレビCMが公開された。本作は、とある失敗で左遷されたプライドは高いがネガティブな主人公が、都会から遠く離れた地で出会った「⾦⿂すくい」を通じて、思いもよらない成⻑をしていく物語。尾上松也が初主演、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が初のヒロイン役を務める。

原作は世界初の⾦⿂すくいマンガにして、“このマンガがすごい!”にもランクインした「すくってごらん」(大谷紀子/講談社)。メガホンをとったのは、⻑編デビュー作「ボクは坊さん。」で高い評価を受けた俊英・真壁幸紀。原作と同じ奈良県を舞台に「和」の世界と斬新な映像表現を融合させた。

■本作で初めてピアノに挑戦、“生駒吉乃”役としての歌声を披露した

今回、百田は、ピアノを弾くことが大好きな生駒吉乃を演じるために、初めてピアノに取り組んだ。「指一本で鍵盤を叩くくらいはやったことがありますが、ここまで本格的に演奏したことは初めてで、先生について基礎から徹底的に教えていただきました。難しい反面、楽しくて、撮影が終わってからも続けています」と今もピアノを弾いていることを明かす。

また、「ピアノをきっかけに普段やってる仕事、音楽というものをもっと細かく勉強しはじめました。ピアノに触れたことによって今までやってきたこととつながった部分もありますし、もっとここを勉強しないと、勉強したいなということにたくさん出会え、私の⼈生ですごく大切な時期になりました」と音楽とのかかわりにも変化があったことを振り返った。

百田にとって“百田夏菜子”としてではなく普段とは歌い方を変えた、“生駒吉乃”という役で歌うことも初挑戦であった。真壁幸紀監督は、「ワンフレーズずつ、吉乃が歌っているかどうかを百田さんと確認しながら、丁寧にレコーディングしていきました」とレコーディングの様子を語った。

百田は「レコーディング中、気づかないうちに百田夏菜子の要素が出ていると指摘されることもあり、そのおかげでどういうふうに歌うと私っぽく聞こえるか⾃覚することができました。今回は、私らしさをすべて削ぎ落として歌ったときに出る声を聞いていただきたいです」と見どころを語った。

さらに、ピアノのレコーディングも初めてだった。最初、本編で使われるピアノの音はプロが弾いたものに差し替える予定だったが、百田⾃⾝のレコーディングへ変更。撮影時の百田の演奏から、音も百田の音にしたほうが伝わる、との判断だった。歌のレコーディングには慣れている百田だが、撮影終了後も初のピアノレコーディングに向け練習を重ね、さらにブラッシュアップした演奏を披露している。

昨年の大晦⽇に開催された「第4回ももいろ歌合戦」では、百田は尾上松也と劇中歌「この世界をうまく泳ぐなら」をデュエットし、ピアノの生演奏も初披露した。バレンタインデーには特別映像で、劇中歌「小赤」の演奏シーンが公開され、大きな反響をよんでいる。

そんな百田のピアノ演奏シーンが散りばめられたテレビCMが完成し、解禁となった。<恋愛編><音楽編><コメディ編>と、本作の⾒どころポイントごとにまとめられている。

■あらすじ
大⼿メガバンクのエリート銀⾏員・⾹芝誠(尾上)は、些細な出来事がきっかけで左遷され、荒んだ気持ちを抱えて東京本店から⽚田舎の町へやってきた。そこで偶然かつ運命的に、⾦⿂すくいの店を営む美⼥・生駒吉乃(百田)と出会い、一目ぼれをする。持ち前のネガティブな性格と左遷のショックから、⾹芝は心を閉ざし仕事だけを生きがいにしようと心に決めながらも、吉乃の事が頭から離れない。何とかお近づきになろうとするが、秘密を抱える吉乃の心もまた閉ざされたままだった。