現在放送中の上白石萌音主演のラブコメディードラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)で、編集アシスタントの加賀栞を演じる太田夢莉。2019年に7年在籍したNMB48を卒業後、俳優の道を志し、ドラマ、舞台、映画に挑み続けている。

■「次の道へ進むなら1日でも早い方がいい」

しかし、幼少期は親戚が来るとコタツに隠れるほど極度の人見知りだったという。

「かなりの恥ずかしがり屋でしたが、人と違うことをしたいという気持ちがどこかにあって、それでNMB48のオーディションを受けました。そして7年目にドラマに出演して初めてお芝居を経験して。それまでお芝居は絶対無理だと思っていたのですが、そのときになぜか興味が湧いたんです。最初はすごく緊張しましたし、セリフも棒読みで、監督にも叱られましたが、なぜかもっとお芝居をやりたいと思って。それにアイドルはずっと続けられるものではないですから、次の道へ進むなら1日でも早い方がいいなとも思ったんです」

■「役者さんは、自分の人生の全てが役立つお仕事」

芝居を始めたことで、それまでと意識が大きく変わったという。

「役者さんって、自分の人生の全てが役立つお仕事じゃないですか? いいことも悪いことも失敗も全てが、お芝居に役立つ。例えば、友達とケンカしてしまったり、失敗して落ち込んだりしても役に生かせるなと思うので、以前より凹まなくなりました」

“ボス恋”では、役のために金髪&ショートに。衣装も色鮮やかで印象的な役どころになっている。

「金髪は見慣れましたが、ショートは管理が大変です。栞の衣装には必ず原色が入っているのですが、自分でドラマを見たときに派手な人がいるなと思ったら、自分だったということがありました(笑)。主演の上白石さんは俳優歴も年齢も私より上ですが、劇中ではどちらも私の方が上の設定なので、楽屋と現場で立場が逆になるのが不思議だなと思っています(笑)。今後の展開としては、最終的に奈未ちゃん(上白石)の恋とお仕事がどうなるのか分からないので、そこは視聴者として楽しみつつ、私は衣装と髪色で彩りを加え、編集部を盛り上げられたらと思ってます」

■「もう恋愛禁止ではないですが…」

最後に、自身の恋と仕事の理想のバランスを聞いてみると…。

「小学校高学年からお仕事があるのが当たり前だったので、恋愛に頭がいかなくて、逆に困っています。もう恋愛禁止の状況ではないですが、なさ過ぎるので、今はお仕事を頑張ります(笑)」

■プロフィール
おおた・ゆうり=1999年12月1日生まれ、奈良県出身。2019年にアイドルグループ・NMB48を卒業後、俳優として活躍。「ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜」(2020年、日本テレビ系)、「日暮里チャーリーズ」(2020年、テレビ朝日ほか)などに出演している。

取材・文=及川静