松たか子が主演を務めるドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が4月にスタートする。本作は、「東京ラブストーリー」(1991年)、「Mother」(2010年、日本テレビ系)、「カルテット」(2017年、TBS系)など数々の連続ドラマを手掛け、現在は映画「花束みたいな恋をした」が大ヒット公開中の脚本家・坂元裕二による完全オリジナル作品。主人公・とわ子が3人の元夫たちに振りまわされながら日々奮闘する姿を描く、たまらなくいとおしいロマンティックコメディーとなっている。

大豆田とわ子(松)は、3回結婚して3回離婚した“バツ3”の独身女性。そんな彼女のことを忘れられない3人の元夫を、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平が演じる。

■キュートなバツ3女性と個性豊かな元夫たち

松が演じる主人公・大豆田とわ子は、建設会社「しろくまハウジング」の社長に就任したばかり。バツ3であるが、すごく変人というわけではない。洋服が好きで、明るく、おちゃめで、ちょっとせっかちで、どこかとぼけていて、いろんなところがちょっとずつ面白い、そんな女性である。最初の夫との間に生まれた中学3年生の娘・唄と二人暮らしをしている。
坂元とは「カルテット」、「スイッチ」(2020年、テレビ朝日系)に続き3度目のタッグとなる松。本作では、ユーモラスでキュートな役を演じる。

最初の夫は、松田が演じる田中八作(はっさく)。東京・奥渋谷にあるレストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。とわ子との間に生まれた娘・唄の父親。
松田は、松とは「カルテット」以来、4年ぶりのドラマ共演となる。今回は女性に自然とモテてしまい、時々面倒なことに巻き込まれてしまう役どころだ。

二番目の夫は、角田が演じるファッションカメラマン・佐藤鹿太郎(かたろう)。業界では有名で腕もいい。とわ子のことが今でも好きで好きでたまらないが、とにかく器が小さい。
角田は、お笑いでの活躍だけでなく、最近はドラマ「半沢直樹」(2020年、TBS系)でのシリアスな演技が記憶に新しい。本作では、普通にしているだけで笑われる、何だか憎めない愛らしいキャラクターを演じる。

三番目の夫は、岡田が演じるエリート弁護士・中村慎森(しんしん)。とわ子が社長を務める「しろくまハウジング」の顧問弁護士。理屈っぽくて、ひねくれ者。口癖は「それ、いります?」。周囲からは冷静で合理的に見られる慎森が、とわ子となぜ結婚し、なぜ離婚したのかは気になるところ。
公開中の映画「さんかく窓の外側は夜」で主演を務めるなど、話題作が続く岡田。甘いマスクで上から目線、偏屈な弁護士という難役に挑戦する。

■松たか子コメント

――脚本を読んだ時の感想は?

すごく面白かったです。いろんなキャラクターがいて、出てくる人出てくる人が面白くて、愚かな感じで(笑)。一気に読んじゃいました。

――岡田さん、角田さん、松田さんと共演されると聞いてどう思いましたか?

3人それぞれに個性があって、チャーミングなので、「あ、3回結婚してもいいかな」って思いました(笑)。ダメさ加減も三者三様で、きっと魅力も三者三様で。幸せなありがたい役だなって思いました。

――今日が皆さんと初顔合わせでしたがいかがでしたか?

初めて4人でお会いしました。予想通り、少しぎこちないところから始まって(笑)。きっと最後まである一定の距離感は保ちながらいくんじゃないかなって(笑)。でも、無理がなく、現場にいられそうだなと感じました。3人に甘えたくなっちゃうくらい、すごく魅力的ですので、私は甘えすぎないように(笑)。程よく迷惑を掛けながら、頑張んなきゃなって思いました。

――どんなドラマにしていきたいですか?

メッセージ性が強いかというと、それだけでもないですし。何の説得力もない人達が、生きていく話なんですね(笑)。でも、そんな人たちのさまを見て、「自分の人生悪くないかな」って、元気になってもらえればいいかなと思います。

――視聴者へメッセージをお願いします。

3人の元夫に囲まれながら今生活しているという不思議な女性を演じることになりました。3人のどの人がタイプとか、そういう話題だけでは済まされないような不思議なドラマになると思います。皆さんで、いろいろ好きなことを喋りながら、私たちをどうぞ笑ってください。

■岡田将生コメント

――脚本を読んだ時の感想は?

素直に面白くて、読み物としてワクワクしながら読ませていただきました。「この世界に僕が入るんだ」と思うだけで、うれしい気持ちになりました。また、すてきなキャストの皆さんと一緒にお芝居ができるのが、自分の頭の中で想像できたので、「こんなに楽しみなお仕事はない」と思いました。

――松さん、角田さん、松田さんと共演されると聞いてどう思いましたか?

やっぱり緊張しますね。僕にとっては怪物級というか、恐れ多い先輩方で(笑)。でも、そんな中でも、共演者の皆さんとこの脚本とこのキャラクターを含めて、面白おかしいドラマをお届けできる気がしています。いろんな化学反応を起こして、皆さんと面白いドラマにしたいです。

――今日が皆さんと初顔合わせでしたがいかがでしたか?

先ほどお会いして、すぐ4人の空気感になったと思いました。ドラマの世界と相まって、居心地のいいゆる〜い、ふわ〜っとした空気に包まれていたので、普段の感じも含めて役に生かしていけたらいいなと思いました。

――視聴者へメッセージをお願いします。

このドラマは、登場人物たちの私生活をのぞいているような感覚のドラマです。とわ子さんを含め、すごくいとおしいキャラクターがたくさん出てくるので、その人たちのちょっとしたつまずきから成長していくお話でもあると思います。3人の元夫がそろって喋っているところは、普通だったらありえないんですけど、この3人だったら、見ていられるなと(笑)。クスっと笑えるところもあります。ぜひ、火曜9時にこの登場人物4人を見ていただけたらうれしいなと思います。

■角田晃広(東京03)コメント

――脚本を読んだ時の感想は?

めちゃくちゃ面白いんですよね。で…“面白いな”と思って、“これをやるんだよな”って思って、“この面白さを壊しちゃいけないな”っていうプレッシャーが一気にきましたね。

――今も必死にトレーニングされている感じですか?

はい(笑)。ドラマの撮影って、本番前の読み合わせが、あんまりないんですよね。これは前もって「いいですか?」って声掛けないと。1回合わせたいなって感じの会話劇なので、ちょっと思い切って「いいですか?」って言ってみようかなと思います。

――これから4人の化学反応は起こりそうですか?

これは起こるでしょう!これは起こりますよ!

――それのきっかけを作るのは角田さんになるんですかね?

そうですね。そのために「読み合わせいいですか?」っていうのは言っていこうと思っています(笑)。

――松さん、岡田さん、松田さんと共演されると聞いてどう思いましたか?

ドラマの話がきてるってことで、「どういうドラマなの?」ってマネージャーに聞くじゃないですか。その時に「まず松たか子さんがいらっしゃって、バツ3で元夫が3人いるんですけれども、それが松田龍平さん、岡田将生さん、角田さん」と言われて、「なんでだよ!」っていうのが最初でしたよね(笑)。

――視聴者へメッセージをお願いします。

面白い作品になるように頑張りますので、どうか皆さん見てください。よろしくお願いします!

■松田龍平コメント

――脚本を読んだ時の感想は?

とにかく面白かったです。4人の掛け合いのテンポと間がとても面白いので、撮影も楽しくなりそうです。

――松さん、岡田さん、角田さんと共演されると聞いてどう思いましたか?

松さんは以前「カルテット」で共演させていただいて、また連続ドラマでご一緒できるなんて幸せ者です。岡田さんと角田さんは、今日初めて4人で会ったんですけど、皆さんの雰囲気を感じられてホッとしましたし、少しイメージができて良かったです。

――意気込みを教えてください。

坂元さんが描く会話劇を楽しんでやらせていただきたいなと思っています。テンポとか間とか、どうなるか想像するだけで笑えますね。

――視聴者へメッセージをお願いします。

笑いながら見てもらえるドラマになるんじゃないかと思ってます。ぜひお楽しみに。

■脚本・坂元裕二コメント

最高のキャストと共に連続ドラマを作れることになり、喜びと緊張で高ぶっております。毎週火曜日の夜9時に笑顔とロマンスをお届けできるように頑張ります。
大豆田とわ子と三人の元夫たちの大活躍、お楽しみに。