2020年10〜12月放送の連続ドラマを対象にした「第106回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」の各受賞作・受賞者を発表中。助演男優賞には、木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京系ほか)の町田啓太が選出された。

人気BLコミックをドラマ化した同作で、町田は赤楚衛二演じる「触れた人の心の声が聞こえる」サラリーマン・安達清に好意を寄せるイケメン同期・黒沢優一を好演。クールな見た目と裏腹に、心の中は安達への思いでいっぱいというギャップが視聴者を魅了し、読者票・記者票で1位となった。

赤楚と共に、一部からは「原作超え」との声も挙がったビジュアルレベルの高さに加え、繊細な表現力も評価され、「表現力が豊かで、特に目の演技に、引き込まれました」(石川県・60代女性)と、特に“目の演技”を評価する意見が多く届いた。

そんな同作は、「安達と黒沢の恋がピュアで真っ直ぐで胸キュンで心洗われました」(長野県・20代女性)と熱い支持を受け、最優秀作品賞も受賞。今回の受賞を受けて町田は、「原作を生み出してくださった豊田悠さん、監督やプロデューサーさん、この作品に関わった全てのスタッフの皆さんと共演者の皆さん、そして主演の赤楚衛二くんに圧倒的に感謝しています。熱心にチェリまほを観て、愛でてくださった皆様、本当にありがとうございます」と感謝の思いを語った。

■声に出すとさらに好意が顔にも駄々漏れになって…
また、「実際には聞こえないのに演技するのはとても大変だったと思う」(茨城県・40代女性)といった声も挙がった“心の声”についても、町田が裏側を告白。「心の声を実際に言葉にしながらリハーサルをやってみようということになったのですが、やっぱり声に出すとさらに好意が顔にも駄々漏れになっていて、赤楚くんやスタッフの皆さんも爆笑されていたのを覚えています」と明かした。

さらに、“ベストカップル”との呼び声も高かった赤楚の印象について、「たまに見せるイタズラ心に安堵させられましたし、お芝居以外のところでも一緒にふざけ合える陽気さもとっても魅力的です。役柄に素直にのめり込んでいく姿にも勉強させてもらいました」と語り、「またいつか共演出来る日が楽しみでなりません」と期待を寄せていた。

■町田啓太の受賞コメント全文
――最優秀助演男優賞に選出されました。受賞のお気持ちや、反響を知ったときの感想をお聞かせください。

こんなにもご支持頂けて光栄です。賞を頂ける機会も今まであまりなかったので勇気をもらえました。

原作を生み出してくださった豊田悠さん、監督やプロデューサーさん、この作品に関わった全てのスタッフの皆さんと共演者の皆さん、そして主演の赤楚衛二くんに圧倒的感謝しています。熱心にチェリまほを観て、愛でてくださった皆さま、本当にありがとうございます。

皆さまからの温かな激励と思い、これからも作品を通して楽しんでもらうべく励んでいきます。


――「表情と心情のギャップがたまらない」といった“心の声”に注目する意見も集まりましたが、撮影中の思い出はありますか?

ほとんどは撮影をしたあとに心の声の収録をしていました。第1話で安達が残業をしているところに黒沢が缶コーヒーを持ってくるシーンが、撮影に入って初めて心の声のあるシーンでした。心の声を実際に言葉にしながらリハーサルをやってみようということになったのですが、やっぱり声に出すとさらに好意が顔にも駄々漏れになっていて、赤楚くんやスタッフの皆さんも爆笑されていたのを覚えています。

ちなみに「うなじのホクロ…」という心の声も同シーンであるのですが、そのカットを撮ったとき、風間(太樹)監督が絶対楽しい作品になるとおっしゃってくださったのがとてもうれしかったですし、そうなるようにと以降の撮影にも迷いなく挑むことができました。


――主演の赤楚衛二さんの印象はいかがでしたか? また、距離を縮めるために何かしたことはありますか?

共通点が多くて距離は何故だか自然と縮まっていきました。たまに見せるイタズラ心に安堵させられましたし、お芝居以外のところでも一緒にふざけ合える陽気さもとっても魅力的です。役柄に素直にのめり込んでいく姿にも勉強させてもらいました。

挙げだしたらきりがないくらい、赤楚くんは温かな魅力にあふれていますね。またいつか共演出来る日が楽しみでなりません。