Hey! Say! JUMP・有岡大貴が、4月26日(月)スタートの“シンドラ”第15弾「探偵☆星鴨」(毎週月曜夜0:59-1:29、日本テレビ)でドラマ単独初主演を務めることが決定。有岡が座長としての意気込みや、役どころなどについて語った。

「探偵☆星鴨」は人気劇団・ヨーロッパ企画の完全オリジナル脚本による、探偵ドラマ史上最も“頭をユルめる”コメディー・ミステリー。日常会話の中から生まれる笑いと、巧みに仕組まれた伏線が絡みあう秀逸なコメディー作品で異彩を放つヨーロッパ企画がシンドラとのタッグで、クスッと笑ってグッとくる「探偵の日常」を描いていく。

有岡が演じる探偵の星鴨(ほし・かも)は、ハードボイルドに憧れて探偵になったものの、女性との距離をうまく取ることができない不器用な男。背伸びをして何とか女性と接するが、「女心」が全く分かってないせいかズレてるという、良い人だが不器用で女性にタジタジしてしまうキャラクターだ。

さまざまな依頼の調査中に起こるハプニングに振り回されたり、未解決殺人事件の犯人(ホシ)と疑われたりしながら、「見えた! 輝く一番星!」の決めぜりふとともに、一級品の閃きの速さで依頼を全力解決していく。

脚本を手掛けるのはドラマ「浦安鉄筋家族」(2020年、テレビ東京系)など、映像作品の脚本のみならず演出も担当し、俳優としても活動するマルチプレイヤーのヨーロッパ企画・諏訪雅。

さらに、劇団本公演の全ての作・演出を担当し、映画「サマータイムマシンブルース」(2005年)などの映像作品でも“らしさ”を発揮するヨーロッパ企画・上田誠が脚本監修としてバックアップ。なお、有岡は以前から「サマータイムマシンブルース」を「大好きな作品」として各所で挙げており、実際にヨーロッパ企画の公演にも足を運んでいる。

そして、ドラマや映画、舞台、MVなどでも活躍する宝来忠昭がメイン演出を担当。ヨーロッパ企画の独特のリズムやトーンの会話劇と、ドラマで活躍する宝来の演出で“舞台的でテレビ的!”な新たな映像が誕生する。

■探偵・星鴨役:有岡大貴コメント

シンドラ第1弾「孤食ロボット」(2017年)では手のひらサイズのアンドロイド役でしたが、今回は人間です(笑)。4年ぶりのシンドラ出演は、とてもうれしいです。

単独初主演と言われると緊張するので、なるべく考えないようにしているんですが…(笑)。たくさんの主演の方たちのそばで自分なりに、勉強したこと、教えていただいたことを生かし、少しでも座長として引っ張っていけたらと思っています。

元々ヨーロッパ企画の舞台も大ファンで。嫌な奴が出てこないし、コミカルなストーリーの中に散りばめられた伏線を回収しつつ、最終的にグッとくるハートフルな展開が、僕は本当にたまらまく好きなんです。

諏訪さん(ヨーロッパ企画)の「探偵☆星鴨」の脚本を読んで、心がちょっと温かくなるような展開に胸が躍りました。主人公の星くんは、親近感があって「困ったことがあったら相談してみよう」と思える、とても愛されるキャラクターだなと。

女性とのコミュニケーションも苦手で、目を3秒以上合わせられないところも、すごくチャーミング。僕も5秒とかになっちゃうと、ちょっと、なかなかできないなと(笑)。

閉塞感のある大変な毎日が続いていますが、皆さんに少しでも安心だったり、パワーを送れる、そんなドラマを届けたいです! 難しいことを考えずに「探偵☆星鴨」に登場する愛すべきキャラクターたちを見守ってください!

■ドラマ「探偵☆星鴨」ストーリー

主人公は探偵・星鴨(29歳)。ハードボイルドに憧れて、探偵になったものの、浮気調査やペット捜索などの地味な依頼ばかりで、うんざりしていた。30歳を前に、大手探偵事務所から独立。理想の探偵像を目指して、星探偵事務所を設立する。

東京郊外にあるリサイクルショップ兼探偵事務所が舞台。物語の最初の依頼人は唐戸つぐみ(25歳)という女性。だが、女性との接触が苦手な探偵・星は、女性がそばにいるとタジタジしてしまう。

しかも、唐戸は依頼が解決した矢先に「ここで助手をします」と言い出す。ひょんなことから唐戸を探偵助手として採用する羽目になった星。女性に不器用な探偵と、その克服に協力する探偵助手のコンビが誕生。

星ならではの閃きで、依頼解決に向け、懸命に調査をしている最中に、毎回必ず目の前に現れ、星を逮捕しようとする刑事・捜田一(40歳)。捜田は、ある未解決殺人事件を追っていて、ことあるごとに星が怪しいと決めつけてくる。捜田刑事のほぼ言いがかりのような取調べに対し、星は冷静なツッコミで反論し、その閃きや気づきで、時に捜査のヒントを与えることも。

なぜ星は犯人と疑われるのか、探偵事務所に舞い込んでくる依頼を追っていくうち、全く関係ないと思っていた未解決殺人事件と星との妙な接点が浮き彫りになってくる。