菅野美穂主演ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第7話が、2月24日(水)に放送となる。

同作は、数々の恋愛ドラマを手がけた脚本家・北川悦吏子によって描かれる。少女のような天然母と、しっかり者のオタク娘の“トモダチ母娘”が、“恋”に奮闘するエキサイティング・ラブストーリーとなっている。
菅野演じる水無瀬碧は、売れっ子恋愛小説家で、一人娘・空(浜辺美波)を持つシングルマザー。空は、筋金入りの漫画好きで、時間があれば漫画やアニメに没頭。しかし、とある理由から、母と共に「恋をしよう!」と一大決心をする。

そんな空の“彼氏候補”となる同じ大学に通う大学生・入野光を岡田健史が演じ、碧の“彼氏候補”となる下町の商店街でたい焼き店を営む碧の幼なじみの・ゴンちゃんを沢村一樹が、碧の担当編集者・橘漱石を川上洋平([Alexandros])が、大手出版社の散英社・小西編集長を有田哲平がそれぞれ演じるほか、福原遥、東啓介、中川大輔、大地伸永、長見玲亜、吉谷彩子、中村雅俊(特別出演)が出演する。

■第7話あらすじ

「かーちゃん、誰?」親子の血のつながりがないことを知られ、空(浜辺美波)から問い詰められた碧(菅野美穂)は、それまで空に隠していた“真実”を語り始める。

かつて心から愛した男性がいたこと。その人に裏切られたこと。死を決意して訪れた樹海で置き去りにされている小さな空に出会い、一緒に生きようと思ったこと。

碧の話を聞き、今まで以上に母娘の特別な“絆”を感じる空。しかし二人の間には、それまでとは違うぎこちない空気が漂うようになっていた。さらに、新作小説に取り掛かっていた碧は再びスランプに悩まされる。

そんな中、碧の小説「アンビリカルコード」を読んだ光(岡田健史)は、あることに気付く。小説の内容が、空から聞いた碧と空のなれそめとそっくり同じだったのだ。

一方、空は、碧の引き出しの奥に“へその緒”が隠してあるのを見つける。自分が拾われた子なら、なぜへその緒があるのか、疑惑を抱き始める空。

翌日。空と光は、本当のことを知るであろう俊一郎(中村雅俊)と、ゴンちゃん(沢村一樹)を問いただすが、二人はお茶を濁す。碧がなおも自分にうそを付いていたことを知り憤る空は、今度こそ本当のことを聞き出すため、光と沙織(福原遥)、ゴンちゃんと俊一郎を連れて、碧の元へ。

打ち合わせに訪れていた漱石(川上洋平)も巻き込み、碧が空に話したくなかった衝撃の真実がついに明らかになる。

そしてその頃――。疎遠になっている空からフラれることを恐れる渉(東啓介)は、ダイビングに訪れた海で、流木を集める謎の男(豊川悦司)に出会っていた。